KIKAKUSHO - Proposal Version - El prototipo de NGE

Documentos Canon, Entrevistas, Etc

KIKAKUSHO - Proposal Version - El prototipo de NGE

Notapor Deyno » Dom Ago 28, 2011 6:57 pm

Imagen



The Origin of Evangelion
La "PROPUESTA" de Evangelion
KIKAKUSHO
企画書

企画书



Es la Propuesta Neon Genesis Evangelion, un documento de 35 páginas, a todo color creado en 1993 creado para promocionar la serie entre los auspiciadores. Se trata esencialmente de un prototipo de la serie, con ilustraciones de producción; notas sobre el tema y la historia, descripción de los personajes, Mechas(robots gigantes), circunstancias, y un breve resumen de los 26 episodios proyectados
33 de sus páginas aparecen, de 6 cm x 8,5 cm (miniaturas), en el artbook Newtype 100% Colección (las paginas 33 y 34 se omite, y la página 35 está etiquetada como 33). Luego las 35 paginas se reproducen a tamaño completo en Evangelion Chronicle

_________ :ugeek: _________




KIKAKUSHO



PÁGINA 01 - Portada <imagen>

Oculto:
[center]Neón Génesis Evangelion



Serie de Animación de TV
Shin Seiki Evangelion (provisional)

Propuesta
GAINAX





Notas (Reichu):
La portada presenta las dos versiones del título (el "carácter versión romana" y la versión japonesa), de ahí la inclusión de Shinseiki Evangelion (literalmente, "New Century Evangelion", o cualquier variación que desees) en la traducción. -Reichu


Imagen

NEON GENESIS EVANGELION
TV アニメーション シリーズ 新 世 記 エヴァンゲリオン (仮 题) 企 画 书
GAINAX
_______________________________________________________
PÁGINA 02 - Sinopsis y Personal <imagen>
Oculto:
En El Año 2015
La humanidad ha llegado al límite de la evolución. Su salvación está en la invocación del proyecto de complementación humana. Con el fin de interrumpir el plan, un grupo no identificado de las armas de batalla gigante han invadido.
Los Apostoles. Se les han dado nombres de ángeles, puede que realmente sean mensajeros de los dioses?
Con el fin de obtener el poder necesario para resistir el ataque de los Apostoles, la humanidad ha desarrollado armas artificiales de batalla múlti-uso, Evangelion. Después de catorce años, tres unidades se han completado. Sin embargo, sólo los designados niños-niñas de catorce años de edad puede manipular los Evas .
Y ahora, la lucha por la existencia de la humanidad recae en ellos.

Título provisional: Shinseiki Evangelion
NEON GENESIS EVANGELION
Clasificación: Acción de Ciencia ficción serie de televisión de animación
Formato: Planeado 30 minutos por episodio con un total de 26 episodios, más de seis meses
Público objetivo: estudiantes de preparatoria, estudiantes de secundaria y los hogares en general
Proyecto original y el trabajo: Gainax
Diseño de personajes: Yoshiyuki Sadamoto
Mecánica y Diseño de Concepto: Ikuto Yamashita
Escenario y Director: Hideaki Anno

Notas (Reichu)
Ellos usan la palabra Kamigami, "Dioses", la frase (Kamigami no Tsukai), o "mensajeros de los Dioses" en la página 2. En este contexto es diferente a decir que el Dios cristiano. algo que pensé destacar, . -AET


Imagen
Original japonés
時に, 西 暦 2015 年
生物 として, もはや 進化 の 行き詰まった 人類 を 救世 すべく
発動 した 『人类 补 完 计画』
その 計画 を 随 止すべく 襲来 する, 正体 不明 の 巨大 戦闘 兵器 群
『使徒』
『天使』 の 名 を 冠する 彼ら は, 果たして
『神 々 の 使い』 な の であろう か?

『使徒』 に 桔抗 でき うる 巨大 な 力 を 手 に 入れるべく, 人類 は
泛 用人 型 决 戦 兵器 『』 エヴァンゲリオン を 開発
14 年 後 の 今, すでに 3 体 を 実用 化 し て いた

だが, 『エヴァ』 の 操縦 を 人 々 は
『14 歳 の 少年 少女 達』 に 委ねざる を, 得なかった の である

人類 の 存亡 を 背負う 少年 たち の 戦い が, 今, 始まる

仮 题 新 世 記 工 ヴァンゲリオン
NEON GENESIS EVANGELION
种 别 SF アクション 連続 大河 テレビアニメーシヨン
形 式 毎 回 30 分
全 26 话 (2 クール) 予 定
视 聴 対 象 小学生, 中学生 を 中心 に 家族 一般

企 画 原作 ガイナックス
キャラクター デザイン 贞 本义 行
メ 力 ニック デザイン 及び
コンセプト デザイン 山下 いく と
脚本 监督 庵 野 秀 明
_______________________________________________________
PÁGINA 03 - Objetivo <imagen>
Oculto:
El objetivo del Proyecto

¿Cuál es el atractivo de un anime de robots gigantes?


Un anime de robots gigantes para los jóvenes presenta un deseo potencial.
Es decir, un anime de robots gigantes es la compensación a la supresión y complejidad que tienen los jóvenes, una forma de revelarse.
Los adultos conocen “las penas de la vida”.
Por otro lado de la misma forma conocen las “alegrías de la vida”.
Para <vivir>, por ejemplo, saben que las mentiras, "el amor y justicia", los <sueños> y las <esperanzas> son necesarios.
Nosotros podemos transmitir puramente a los chicos, la ficción y realidad sin una sensación de algo fuera de lugar, por medio de la característica del medio de expresión conocido como animación, es decir, capitalizando generalmente en esa cosmovisión que son las imágenes dibujadas por personas. Esa es la mayor atracción que tiene la "animación de robots gigantes".
De eso se trata el atractivo de este "anime de robots gigantes"

Creo que este proyecto, se remonta al origen del "anime de robots gigantes", quiero redescubrir su encanto y puntos destacables


Imagen

3ページ
企画意図:巨大ロボットアニメの魅力とは?
「巨大ロボットアニメ」は、子供たちの潜在欲望の現れであります。
つまり、「巨大ロボットアニメ」とは、
子供達の持つ色々な
抑圧やコンプレックスの補償、抵抗の手段、代償行為なのです。
大人達は「人が生きることのつらさ」を知っています。
と、同時に「人が生きることのおもしろさ」をも知っています。
生きるために、例え〈嘘〉だとわかっていても
「正義と愛」という〈夢〉や〈希望〉が必要なのだ、と知っています。
私たちはアニメーションという表現手段の特色、つまり
全てが人の描いた「絵」であるという世界観を生かしたことにより、
子供達に虚構と現実との違和感もなく、ピュアに伝えることができるのです。
それが「巨大ロボットアニメーション」の持つ最大の魅力です。

本企画は、この原点にさかのぼって
本来の「巨大ロボットアニメ」の魅力を
新たに掘り起こすところにユニークさを発見したい、と思います。
_______________________________________________________
PÁGINA 04 - Protagonista <imagen>
Oculto:
Repaso General del Tema.

El protagonista a donde sea que se encuentre, es un chico normal.


Hasta ahora en las animaciones los jóvenes que piloteaban un robot gigante ya estaban aptos y tenían la habilidad.
Los jóvenes esperan ser ese héroe, y llegan a estar al mismo nivel.

Pero,
Abruptamente, otorgarle a un chico normal de 14 años ese “gran poder”, que tenga órdenes, lanzarlo al mundo de los adultos, es alguien forzado a convertirse en adulto…
La situación nos ha dado un héroe.
Ya sea con el protagonista dentro de la cabina del robot, en su escuela, durante sus suscesivas batallas o en medio del caos de la sociedad moderna, la audiencia puede estar pensando junto con él en sus preocupaciones.
Ahora bien ¿lo hará por si mismo?

El protagonista, "más que un niño, menos que un adulto".
El protagonista, edad: 14, estudiante del 2ndo año de secundaria.
Es el periodo de la edad de la rebeldía, de la pubertad, el momento en el cual el ego finalmente se forma.
En otras palabras, el protagonista está en una encrucijada entre la adultez y la niñez.
Al principio, él estaba indeciso durante la batalla, por circunstancias de adulto, por cosas como los pensamientos de los adultos se va confundiendo, se va distrayendo, se va apartando.

Viviendo en medio de las diferentes informaciones se encuentra en la actualidad la figura de los japoneses que se traslapa.
El joven protagonista, cree personalmente que no puede hacer nada solo, carga con experiencias, mira a la realidad fijamente y continua creciendo.
En un principio los adultos piensan que deben decirles a los niños cosas como “tener un propósito” o “el poder de hacer las cosas por uno mismo
El conocimiento y la tecnología al servicio de ese propósito.
Pero, ahora, los niños pueden divertirse enfrente de la televisión, pero no en un grupo.

Otro tema es que el grado de dependencia aumenta, sin un manual, no se sabe qué hacer.
Los chicos en una realidad donde solo hay presiones no logran hacer cosas por si mismos
Si esto sigue así, ¿estaremos bien?

Nosotros, en el proyecto original de la animación vemos “la realidad que se encuentra dentro del sueño” de los niños de la audiencia. Creemos que necesitan percibir “su propia razón por la cual vivir”.
Por último nosotros deseamos que al crecer los niños y convertirse en adultos, bajo su propia deducción, necesiten "pensar" en el "amor y la justicia de la realidad".

------
Imagen

4ページ

全体を通してのテーマ

主人公はどこにでもいる、ごく当たり前の少年


従来のロボットアニメーションではロボットに乗り込む少年は初めから
その才能と適性を持たされています。
その特殊なヒーロー性に子供達はあこがれ、自分と同一視してきました。

だがしかし、
ある日突然、普通の14歳の男の子が「巨大な力」を与えられ、使命を持たされ
大人の世界に投げ出され、大人になることを強要されたら・・・
これが私たちが主人公に与えたシチュエーションです。
主人公は巨大ロボットの小さな操縦席の中で、家に学校、そして数々の戦いの中という、
カオス的現代社会の中で、観客は主人公とともに悩み、考えていくのです。
「今、自分は何をなすべきか?」ということを、です。

主人公は「大人以上、子供未満」

主人公は、14歳・中学2年生。
この時期は反抗期であり、思春期であり、自我を形成する最終的な時でもあります。
つまり主人公の少年は、今、大人と子供の狭間にいるのです。
当初、優柔不断だった彼は戦いの中、大人の都合、大人達の意見等に惑わされ翻弄され、
流されて行きます。
それは雑多な情報の中で生きている、現在の私たち日本人の姿とダブります。
主人公の少年は、自分が一人では何も出来ない子供だと知り、経験を積み、
現実を直視し、成長していくのです。

本来、大人たちが子供に与えなければならないのは
「自分の意思」「ひとりだちできる力」だと思います。
知識や技術を附与するのもそのためです。
しかし、今、子供たちはテレビの前で一人遊びはできても、集団の中では何もできません。
他のモノへの依存症が強く、マニュアルなしでは、どうすればよいのかわからないのです。

子供たちは、プレッシャーだらけの「現実」の中で、自分一人では
何もできなくなっています。
このままで、良いのでしょうか?

私たちは、観客である子供たちが本企画・アニメーションという
「夢の中にある現実」
を観て、
「自分の意思で生きること」とは何かを感じ取ってほしい、と願っているのです。

また私たちは、子供たちが成長し大人になったとき、
自らの「理性」で「現実の正義と愛」を考えてみてほしい、と願っているのです。
_________________________________________________________
PÁGINA 05 - Directrices <imagen>
Oculto:
Directrices de Historia y drama
Desentrañar un enigma
Dentro del proyecto principal del drama, ademas de las representaciones diarias los personajes, enemigos no identificados "Apostoles", numerosos elementos de ciencia ficción, misterios y secretos se mantienen ocultos.
El joven protagonista comienza su historia en un lugar del que no sabe nada. Asi el público se identifica con el héroe, mientras presencia los misterios, y es testigo de como es revelado cada uno de los secretos.
Estos se proporcionan, por supuesto, antes de que la historia comience a dar "revelaciones estremesedoras" y "giros inesperados", etc.


La sensación juego
El proyecto principal incluye todo tipo de elementos de juego para ser incrustados en la historia principal.
Por ejemplo, el escenario de Japón en medio de batallas, que para defender de ataques a la ciudad, fortifican la ciudad misma, equipada con blindajes y diferentes equipos militares.
En la segunda mitad de la historia, los preparativos para invadir un bastión enemigo descubierto, son tan emocionantes como un juego de simulación de carreras o rol (RPG).

Además, las batallas con armas artificiales (evas) incluyen múltiples batallas mano a mano, equipos de dos o más compañeros, variedad de enemigos, así como lanzaderas y armas de fuselajes.

Por otra parte, los paquetes de recargas de energia serán escondidos por toda la ciudad y una fuente de energía en continuo drenaje proporcionará suspenso a la batalla, no muy diferente de la naturaleza de los juegos de tiro o acción.


Destacados Visuales
Un set de distintas armas de combate super-científico visualmente interesantes.
El proceso de lanzamiento de estas armas gigante (evas) se hace con enorme potencia mecánica.
En cada ocasión, el proceso de puesta en marcha es diferente, a lo largo de la metrópoli son múltiples, ocultos e inesperadas los puntos de salida.
La fuerza de choque entre dos armas enormes siempre crea una lucha dinámica.
Como personas de tamaño normal, estas pesados armas artificiales ??se mueven rápidamente, creando un efecto dramático excepcional.
Las formas de los "Apostoles" nunca son iguales. Siempre hay una gran variedad de armas y diseño.
Las Unidades tienen un límite de tiempo de actividad, lo cual fuerzas al protagonista a trabajar rápidamente, creando un montón de tensión y palpitante suspenso. El protagnoista en una crisis. Le sudan las manos, un elevado climax.
Giros en el progreso de la batalla.
Por último, la catarsis.
En el proyecto original, planeamos llevar a cabo un anime de "increibles escenas de peleas reales" nunca vistas hasta ahora


Imagen

5ページ
ストーリー・ドラマ的な見せ場

・謎解きのおもしろさ
本企画のドラマ中には、個性的なキャラクターたちの日常描写に加えて、正体不明の敵
『使徒』を代表に、数々のSF的な要素あふれる謎や秘密等が隠されています。
本編は主人公の少年が、何も知らない所から、物語は始まっています。
つまり観客は、同一視する主人公と共に、いろいろな謎を知り、秘密を解き明かして
行くのです。
もちろん、物語の先には、驚天動地の「意外な事実」や「大どんでん返し」等が、
用意されています。

・ゲーム感覚的なおもしろさ
本企画では各種ゲーム的な要素が、本編中にちりばめられています。
例えば、
日本を舞台とした防衛作戦、市街での攻防戦、街そのものの要塞化、
状況に合わせた機体や武装の選択、物語後半に用意される敵本拠地の発見と侵入、等の
シミュレーションゲームやRPGゲーム的なおもしろさ。
加えて、
複数の人型兵器による格闘戦、2体以上の味方機、バラエティ豊かな敵機、
機体の発進口や武器、それにエネルギー補給パックなどがあちこちに隠された市街地、
時間やエネルギー残量を主とした戦闘サスペンス、等の
シューティングやアクションゲーム的なおもしろさも内包しているのです。

・ビジュアル的な見せ場
超科学兵器群のイメージあふれる、視覚的面白さ。
巨大兵器のメカニックな魅力あふれる、出撃プロセス。
毎回違う、大都市に隠された秘密発進口の意外性あふれる、発進プロセス。
激突する巨大な兵器同士の迫力あふれる、ダイナミックな戦い。
人間の動きをする巨大人型兵器のスピーディで重量感あふれる、動き。
『使徒』の人型にこだわらないバラエティあふれる、武器とデザイン。
活動限界時間が迫り焦る主人公。緊迫感あふれる、ギリギリのタイム・サスペンス。
危機に陥る主人公。手に汗握る、派手なクライマックス。
大逆転。
最後に、カタルシス。

本企画では、今までのアニメに無い
「カッコいいリアリティのある戦闘画面」を目指します。
_______________________________________________________
PÁGINA 06 - Tokio3 <imagen>
Oculto:
En el Futuro cercano, año 2015 DC.
Hay el proyecto de ciudad que se transforma en fortaleza, Neo-tokyo 3


Con relación al plan de transferir la capital por segunda vez, Neo tokyo 3 se encuentra bajo construcción en la prefectura de Shizuoka.
Se encuentra rodeada por hermosos bosques y montañas, proyectamos una ciudad con un antiguo pueblo y altos edificios alineados.

Pero, esta ciudad ante los enemigos de la humanidad que han de venir, la invasión de los angeles, se transforma para estar lista para un contra ataque.
En todas partes de la ciudad hay un perfecto sistema de vigilancia, equipos de defensa contra Apóstoles y otras armas pesadas instaladas sin que se tengan que ordenar. Tambien se han considerado equipos especiales de armas para ser usados por los humanoides gigantes.



En las profundidades de la tierra, a través de puertas secretas fue construido el geofrente (ciudad subterranea) donde están las instalaciones del Laboratorio de Evolución Artificial, para llevar a cabo secretamente el Plan de Complementación Humana.
En esta particular ciudad, se nos muestra la historia


Imagen

6ページ
時は、近未来、西暦2015年。
舞台は、要塞化された
計画都市 第3新東京市

第2次遷都計画に従い建設中の静岡県・第3新東京市。
美しい緑の山林に囲まれた、旧市街と高層建築の並ぶ計画都市である。

だが、この街は来るべき人類の敵、使徒の襲来に備え
迎撃要塞化されていたのだ。
街の至る所には、監視探査システムの完備、対使徒用防衛設備や
重火器などの配備は云うに及ばず、巨大人型兵器用の特殊装備までも、配慮されてる。

その地下深く、秘密裏に作られたジオフロント(大深度地下都市)
人工進化研究所
人の未来を担う人類補完計画は、この地にて極秘に進められていた。
この特殊な街を背景に、物語は語られていく。
_______________________________________________________
PÁGINA 07 - Apostoles <imagen>
Oculto:
El Enemigo, "Apostoles" (Apóstol)
Designado asi a las armas de batalla gigante no identificados


Tienen varias formas y distintas habilidades super-científico especial, los misteriosos objetos "Apostoles" avanzan hacia la humanidad.
su identidad, son antiguas reliquias que habían quedado durmiendo en todo el mundo por las formas de vida prehistórica llamada la Primera Raza Ancestral.
Hay 28 cuerpos en total.
Adán fue el primero confirmado, desenterrado por el hombre hace 15 años en la región del Mar Muerto, pero fue destruido por una misteriosa explosión.
Posteriormente 27 se despertarán.



El "Apostolos" tienen nombres de "Angeles" descritos en los "Rollos del Mar Muerto".


Imagen

7ページ

敵は『使徒』(アポストロ)
と呼称される、正体不明の
巨大戦闘兵器群


様々な形態を有し、様々な超科学的特殊能力を持ち、
人類に迫る謎の物体『使徒』。
その正体は、先史知的生命体『第1始祖民族』の残した、
世界各地に眠る古代遺物である。
その数、全28体。
最初に確認された『アダム』は15年前に人類の手により
死海の辺にて発掘され、謎の爆発により既に破壊されていた。
あと。目覚めるは27体。


『使徒』には全て『死海文書』の記述による『天使』の名が
命名されている。
_______________________________________________________
PÁGINA 08 - Evangelion <imagen>
Oculto:
Para el contraataque , los humanos crearon la arma humanoide definitiva. El “Evangelion.”

Nombre formal
Arma humanoide multipropósito "EVANGELION prototipo"




Serán protagonicos el grupo mecánico.
Ellos son armas humanoides multipropósito de 40 metros.
Para prepararse ante la invasión de los "Apostoles", fue desarrollado y contruido en el corazón la agencia secreta "Nerv".
Economicamente, se han dedicado 14 años de costos astronómico.
Ahora, el hombre puede producir el arma definitiva, más potentes que las armas convencionales.


Imagen

8ページ

迎撃するは、人の生み出した
究極の大型兵器
『EVANGELION』
正式名称
汎用人型決戦兵器『エヴァンゲリオン・試作型』

本編の主役級メカニック群。
それは、全長約40メートルの万能巨大人型兵器。
予測される『使徒』の襲来に備え、特務機関『ネルフ』を中心に
開発・建造された。
実用化までに、天文学的な経費と14年の歳月を費やしている。
現在、人の造り出すことの出来うる、最強の通常兵器。
_______________________________________________________
PÁGINA 09 - Características del Evangelion <imagen>
Oculto:
Características de "Evangelion"

A causa de su musculatura flexible artificial, compuesta de metal, es posible el movimiento como el del ser humano. Su tiempo de respuesta reaccion también puede ser manipulado a voluntad.

La unidad es un "cuerpo basico", fabricados a partir de un esqueleto y músculos artificiales. Varios trajes de "armadura" versátil, "equipos especiales", etc, puede ser equipado en este aspecto y permite la utilización de Eva multi-uso.
En pocas palabras, son robots gigantes, que usan cascos y guantes.

Por lo general, operan por medio de un suministro de energía eléctrica proporcionada por cable. Sin embargo, en caso de emergencia, cambiar a una fuente interna. Al mismo tiempo, esto tiene una debilidad, debido a un problema con la capacidad de almacenamiento, Eva sólo puede funcionar durante aproximadamente 1 minuto con bateria interna.

Se han mejorado después de Eva-01 y se instala con un motor de positrones, pero siguen teniendo todo tipo de problemas, ya que este sistema también es inestable. Y por desgracia, no andan por si mismos.

Por otra parte, dentro del espectáculo hay múltiples tipos de Evangelion. (después del episodio 01 de la siguiente manera.)

Unidad 00 Prototipo: Daños parciales en su primer combate. La unidad se mantiene en congelación.
Unidad 01 Tipo de prueba: Activado con éxito por primera vez en el episodio 01, en la que se usó inmediatamente en un combate real.
Unidad 02 Tipo experimental: En la actualidad se transporta a través de Sasebo portaaviones en el cuidado del Ejército de las Naciones Unidas. Los ajustes finales se han manejado.

Unidad 03 Tipo experimental: Actualmente se está construyendo en un sitio no especificado en los Estados Unidos.
Unidad 04 Tipo de prueba: número perdido. Que desapareció en una explosión, su construcción se ha interrumpido.
Unidad 05 Tipo experimental: Actualmente se está construyendo en un sitio no especificado en Alemania.
Unidad 06 modelo de producción en masa: La construcción está programada para comenzar en 2016, también en Alemania.


Imagen

9ページ
『エヴァンゲリオン』の特徴

伸縮自在な金属製の人工筋肉により、人間と同様に動くことが可能。
動作の反応速度をも、操縦者が自由に選ぶことが出来る。

本体である、骨格と人工筋肉で作られた「素体」に、
汎用性のある各種「装甲服」や「特殊装備」を着せることにより
多目的な使用が可能。
つまり、ヘルメットをかぶりグローブを装着する、巨大ロボットである。

通常は有線による電力供給によって稼働しているが、
非常時には内部電源に切り替えられる。
同時に、蓄積容量の問題から約1分しか動けないという弱点を持つ。

特に初号機は、改良され「陽電子機関」を搭載するが、そのシステムも
不安定なため各種の問題を残す。

残念ながら、自力での飛行は不可能。

なお劇中では、数体の『エヴァンゲリオン』同型が、存在。
(第1話終了の時点では以下の通り)

零号試作機 先の戦闘により中破。機体は凍結。
初号試験機 第1話にて初起動に成功、その直後に実戦。
弐号実験機 佐世保より国連軍所属の空母にて移動中。最終調整済み。

3号実験機 米国某所にて建造中。
4号実験機 欠番。爆発事故により消失、建造中止。
5号実験機 独国某所にて建造中。
6号実験機 以下、2016年より建造予定。
_______________________________________________________
PÁGINA 10 - Adam <imagen>
Oculto:
Su identidad,
Robot Gigantes.


Su estallido transcurre el 2000 D.C.
Debido al incidente desapareció el "Mar muerto" (la verdadera situación es confidencial), fue descubierto por la humanidad un arma biologica gigante, un humanoide, "Adam".



"Él" fue dejado por una forma de vida inteligente, "la primera raza ancestral", se le aplican nuevas teconolgias, la inteligencia humana se concentra y construye una replica.
Eso es el "Evangelion".
El "cuerpo" esta constituido de musculos artificiales debe ser conservado diariamente mediante la introducción dentro de una solución liquida en una capsula. En caso de emergencia se le equipan "armas", "blindaje" y "equipo" que mejor se adapte a la misión, y salen a combatir.
Pero controlar a "Eva" acarrea una dificultad, cuando se descontrola, nuevamente se extiende el temor entre la gente.


Imagen

10ページ

その正体は、
巨大な人造人間

西暦2000年に勃発した
『死海蒸発事件』(真相は非公開)の際に、
人類により発見された巨大生物兵器、人造人間『アダム』。

先史知的生命体『第1始祖民族』の残した『彼』を基に得た
新技術を応用し、人類の叡知を結集して、建造された、レプリカ。
それが『エヴァンゲリオン』である。
人工筋肉等で構成された「素体」は普段、水溶液の入ったカプセル
中に保存されており、有事の際には、目的に合わせた「装甲服」
及び「兵装」や「装備」を装置、出撃する。
ただし『エヴァ』の制御は困難を極め、暴走の度に人々は、改めて
自らの非力と、恐怖を知ることになる。
_______________________________________________________
PÁGINA 11- Marduk <imagen>
Oculto:
El Piloto
"INFORME MARDUK"
a elegido 3 niños


Piloto de "Evangelion", la unión entre piloto y Eva se realiza principalmente con el cerebro.

Por lo tanto, la tasa de sincronización de impulsos del Nervio A10, es lo mas importante en la elección del piloto.

2014, el "Reporte Marduk" basado en la "teoría de ondas mentales motoras" es presentado por la Agencia Marduk exponiendo el método de ejecución del test de aptitud para pilotear Evas.
El resultado fue que la ausencia de las madres en niños y niñas de 14 años de edad pueden presentar una conexión mas armónica y estable con "Eva".
Asi fueron elegidos como piloto tres niños.

Imagen


11ページ

操縦者は
「マルドゥックの報告書」
により選ばれた、
3人の少年少女


『エヴァンゲリオン』の操縦は、エヴァと操縦者との脳神経結合を、
主として行われる。
そのために、A10神経とのシンクロ率とインパルスの適応が、
操縦者選出の際に重要視された。


2014年、マルドゥック機関が「脳神経における新精神活動の
仮説」に基づき、エヴァ操縦適性者の選出に関するテスト内容と
操縦方法を提示した「マルドゥックの報告書」(非公開)を作成。
結果は、14歳で母親不在の少年少女が、『エヴァ』と最も
純粋かつ安定した状態で接続できることを提示した。
そして、3人の少年少女が操縦者として選ばれたのである。
_______________________________________________________
PÁGINA 12 - Eva01 <imagen>
Oculto:
El terrible poder que esconde el evangelion al que sube el joven protagonista
Primera Unidad EVA-01 TestType
Equipamiento de batalla terrestre Tipo A

Miembro a los cuarteles de NERV
Perteneciente a la primera unidad
Piloto exclusivo, Shinji Ikari
Protagonista de esta historia de Mechas

En el primer capitulo logra el éxito en su primera activación, luego soportando muchos daños, los angeles atacantes son repelidos uno tras otro junto con sus compañeros, el eva unidad 0 y unidad 2.

Pero en el episodio 13 los daños son serios.
El eva se remodela. Se equipa un organo de "positrones" obtenido del angel, el enemigo.

En el fuselaje son escondidos los secretos y la verdad del profesor ikari


Imagen

12ページ

これが
主人公の少年が
乗り込む
恐るべき力を
秘めた
エヴァンゲリオン
EVA-01 TESTTYPE 初号機
陸戦用A型装備

ネルフ本部所属
第1部隊所属
専属操縦者 碇シンジ
本編の主役メカニック

第1話にて初起動に成功
その後は、破損を負いながらも襲い来る使徒を仲間 ・零号機
や弐号機と共に、次々と撃退してゆく。

だが、第13話で大破。
改造され敵・使徒から回収した
「陽電子機関」を搭載する。

この機体には、碇教授(註:ゲンドウのこと)の秘密と
真の目的が隠されている。
_______________________________________________________
PÁGINA 13 - Plan de Complemento Humano <imagen>
Oculto:
para salvar a la humanidad de la desesperación
"El Plan de Complemento Humano"
¿Qué es?


La humanidad ya ha obtenido el poder para antagonizar a Dios.
Ese es el
eje principal de esta historia y gran proyecto internacional llamado "Plan de Complementario Humano".

Hace medio siglo, se desarrolló la fusión nuclear. El siguiente paso para la humanidad, que puede contener un sol en la palma de su mano, es el complementario para crear el "hombre perfecto" con sus propias manos.

El objetivo, prohibido por Dios, es liberar a toda la humanidad recreando científicamente "el árbol de la vida", mediante la "muerte" de la raza humana, y liberándolo del pecado original, las maldiciónes que los plagan.

Este plan es propuesto y defendiendo por Gendo Ikari, padre de la protagonista.
A través del "Laboratorio de Evolución Artificial", cuyo único propósito persigue la forma de un ser humano que ha alcanzado la última evolución ...


Imagen

13ページ

人類を絶望から救うという
『人類補完計画』
とは?

人類はすでに、神に拮抗できうる力を手に入れようとしていた。
これが、本編ストーリーの主軸となる、国際的一大プロジェクト
『人類補完計画』である。

半世紀前、核融合に成功し「太陽」を自らの手中に収めた
人類が、次は「完全な人間」を自らの手で造ろうという補完計画。

目的は、神が擁する禁断の「生命の樹の実」を科学的に造りだし、
人類から「死」を取り除き、さらに人の抱える原罪・全ての呪縛
からも、全人類を解放しようというのである。

この計画を提唱し推進するのは主人公の父、碇ゲンドウ。
彼は『人工進化研究所』にて、究極の変化をとげた人の姿を
ひたすら追い求めていた…。
_______________________________________________________
PÁGINA 14 - NERV <imagen>
Oculto:
Agencia Militar Secreta
"Nerv" (Nerv)
¿Qué es?


Los protagonistas pertenecen a esta organización, forman el núcleo de este drama.

Una agencia militar secreta bajo el control directo del "Comité para la Complementación Humana" de las Naciones Unidas (Actividad no divulgada al publico).
Es la "organización internacional armada supralegal exclusiva anti-1ra raza ancestral" con el objetivo puesto en la investigación y estudio de los objetos no identificados "Angeles" así como además su captura y/o exterminio.

Dedicada a la seguridad de las instalaciones circundantes al "Laboratorio de Evolución Artificial" y apoyo de su objetivo.

El contenido de sus actividades en parte han sido hechos públicos por el departamento de relaciones públicas, pero la mayoría de sus actividades son altamente secretas.

Como contingencia, también puede invocar su autoridad de mando sobre las fuerzas de las Naciones Unidas y los ejércitos de los países miembros de la ONU (con excepción de las armas nucleares).
Cuando esto sucede, la autoridad pasa de manos de los jefe supremos de todas las divisiones a Nerv y reemplaza a los organismos ejecutivos y legislativos de los países miembros de las Naciones Unidas.
(La sede de Nerv en la actualidad no se llevan bien con el gobierno japonés y ni su Ministerio de Defensa).

Como arma principal, posee el arma multipropósito terrestre definitiva, el humanoide Evangelion.
En el primer plan de desarrollo, se planea la implementación de cinco versiones del arma Eva.
Actualmente (episodio 1), se han logrado el 62% de construcción.


Imagen

14ページ

特務機関
『ネルフ』(NERV)
とは?

主人公らが所属する、本編ドラマの核となる組織。

国際連合最高幹部会所属『人類補完委員会』(活動内容は非公開)
直属の特務機関。
未確認物体『使徒』の調査・研究、
さらに、捕獲、もしくは殲滅を目的とした
「対・第1始祖民族専従・超法規国際武装集団」である。

目的の性質上、『人工進化研究所』周辺施設等の守備も兼任している。

活動内容は一部、広報部から一般に公開されているが、
大部分が最高機密扱いである。

有事には、国連軍及び国連加盟国軍に対し、
指揮権(最優先・ただし核兵器は除く)を独自に発動できる。
その際、各支部の最高責任者が持つ権限は、
国連加盟国全ての行政・司法機関を超越。
(ネルフ本部と日本国政府及び防衛庁とは、うまくいっていないのが現状)

主力兵器として、汎用人型決戦陸上兵器エヴァンゲリオンを、保有。
第1次整備計画の策定内容ではエヴァ型兵器を5体、実戦配備する予定。
原罪(第1話時)での達成状況は62%。
_______________________________________________________
PÁGINA 15 - NERV Organigrama <imagen>
Oculto:
Nerv Organigrama General
Jefe Oficial del Comité
: Jefe General Conrad Lawrence. Asistente Especial: 1 persona

Cuarteles Generales del Comité: Japon, Sede ciudad de Tokyo-2, Sede de las Naciones Unidas

Cuarteles Generales: Japon, refugio subterráneo, algún lugar bajo la nueva ciudad de Tokio-3

Sede Nº 1: USA En algun lugar (se supone Nevada)

Sede Nº 2: Desaparecido (debido a la explosión de Eva-04 y su posterior destrucción)

Sede Nº 3: Alemania. En algún lugar.

En cada una de las sedes está progresando el desarrollo independiente y el funcionamiento del arma Eva.
En el segundo plan de desarrollo creado por la sede de NERV, está programado construir las nuevas instalaciones en China y Australia dentro de tres años.


EVA-00 PROTOTIPO
Version Cero Equipo B

EVA-02 TESTTYPE
Segunda Version Equipo B



Imagen

15ページ
ネルフ 総括組織図

委員会統括最高責任者 コンラート・ローレンツ長官。 特務次官 1名

監察委員会本部 日本国 第2新東京市国連本部地下シェルター内
本部 日本国 第3新東京市内 某所
第1支部 米国 某所(ネバダ州内と推測される)
第2支部 欠損
(エヴァ試作4号機の爆発事故のため、消失。破棄された)
第3支部 独国 某所

各部局では、エヴァ型兵器の独立した開発・運用が進められている。
ネルフ本部作成した第2次整備計画では、3年以内に新たな施設を
中国と豪州に設置することを予定している。
_______________________________________________________
PÁGINA 16 - Jerarquía <imagen>
Oculto:
Nerv HQ, Organigrama
Comandante en Jefe Gendo Ikari (también es Jefe de Centro de Investigación)
Asistente Kozo Fuyutsuki, Inspector de algo desconocidos

Nerv HQ Subdivisiones internas

Departamento Administración División 1 (recursos Humanos) División 2 (Capacitacion) de la División 3 (Servicios) División 4 (Suministros)

Departamento de Operaciones Tácticas División 1 (desconocido)

Departamento de Investigación Científica y Análisis Oficina de Investigación Divisiones 1 a 6 confirmadas

Departamento de Desarrollo Tecnológico (incluyendo experimentos)
División 1 Oficina de Tecnología (Encargado del cuerpo de Eva)
División 2 (Encargado de ingeniería de materiales)
División 3 (Encargado de la armadura de ondas electromagnética)
División 4 (Encargado de la armadura normal incluidas las armas teleguiadas)

Departamento de Otros Asuntos
División 1 (Contabilidad)
División 2 (Relaciones Públicas)
División 3 (desconocido)
División 4 (desconocido)

Departamento de Seguridad e Inteligencia (bajo control directo del comité, contando con habitacion especial, detalles desconocidos)

Departamento de Tareas Especiales (la mayoría fue transferido al 2° centro de investigación)

Departamento Especial de Seguridad (centro de investigación responsable de las instalaciones de seguridad)

Departamento de Policía Militar (tiene autoridad sobre la policía fuera de la organización)


Agencia de Control Directo de
División 1 (ubicación desconocida)
División 2 (ubicación desconocida)

Agencias de auxiliares
Instalación de Pruebas en Fuji
(Prefectura de Shizuoka, ciudad de neo Tokyo -3)
Instalación de Pruebas en Matsushiro.
(Ciudad Matsushiro, Prefectura de Nagano)

Unidad de Control Directo de Evangelion (incluye la división de apoyo)
Dado que la seguridad del Centro de investigación es de suma importancia, se mantiene al número 01 bajo el control del jefe de la división de Eva, es el único que actualmente puede desplegarse para el combate.

Sin embargo, debido a que hay sólo 3 Evas estan operativos incluyendo copias de seguridad y los tres pilotos, por la naturaleza del núcleo de Eva, por desgracia sigue funcionando con sólo el primer eva.


Imagen

16ページ

ネルフ本部 組織図

最高司令長官 碇ゲンドウ(研究所所長兼務)
副長 冬月コウゾウ  監察官 姓名不明

ネルフ本部 内部部局

管理部 管理局一課(人事)二課(訓練
三課(施設)四課(補給)
戦術作戦部 作戦局一課(以下不明)
科学調査分析部 調査局一課~六課まで確認済
技術開発部(実験を含む) 技術局一課(エヴァ素体担当)
二課(材質工学担当)
三課(電磁光波兵装担当)
四課(誘導兵器を含む通常兵装担当)
総務部 総務局一課(会計)二課(広報)
三課(不明)四課(不明)
保安諜報部(委員会直結、非公然・別室も有り、詳細不明)
特務部(大半は第2研究所に出向)
特殊警備部(研究所施設警備専任)
警務部(外部に対する警察権も所有)

直轄機関
第1研究所(所在地不明)
第2研究所(所在地不明)

付属機関
富士試験場
(静岡県第3新東京市)
松代試験場
(長野県松代市)

エヴァンゲリオン直轄部隊(支援部隊を含む)

第1次整備計画では、研究所警備が最優先とされているため、
現在実戦配備されている、唯一の主力エヴァ部隊を保有している。
だが、稼働する素体が予備を含め3体、操縦者は定数ギリギリの3名
しかいないため、本来、中核となるべきエヴァ部隊は、残念ながら未だ
第1小隊のみの運用となっている。
_______________________________________________________

Introducción a los Personajes Principales


PÁGINA 17- Shinji <imagen>
Oculto:
Introducción a los Personajes Principales
Shinji Ikari Niño 14 años



Protagonista de esta historia
Piloto exclusivo del arma humanoide gigante "Evangelion"

8 º grado, tranquilo A-estudiante. Se protege al escuchar a otros, pero que crece después de haber experimentado varios eventos en la historia. Su madre falleció cuando él tenía 3 años. Él ha vivido separado de su padre. Como cuestión de hecho, detrás de la relación entre él y "Evangelion", que opera, un secreto grave es que existe.


Imagen


17ページ

主な人物紹介
碇シンジ 14歳 男

本編の主人公
巨大人型兵器『エヴァンゲリオン』初号機の専属操縦者
中学2年生。おとなしい優等生。
他人に従属することで自分を守っていたが、本編中での様々な事件により成長する。
母親は彼が3歳の時他界。父親とは離れて生活していた。
彼と彼の登場する『エヴァンゲリオン』初号機との関係に、実は重大な秘密が
隠されている。
_______________________________________________________
PÁGINA 18- Misato <imagen>
Oculto:
Teniente Primero Misato Katsuragi
Mujer 29 años


Ella parece más a la hermana mayor de Shinji o el tutor en lugar de su supervisor inmediato. Jefa de Estrategia de la agencia secreta "Nerv" y persona a cargo. Ella es teniente primero.

Bastante optimista. A pesar de que no parece ser del tipo militar, se encuentra en servicio. Ella es una persona emocional y se lleva bien con Shinji. Una mujer infantil para su edad. Sus pasatiempos son ir a tomar una copa o relajarse en su casa. muy terca con los hombres.


Imagen

18ページ
葛城ミサト1尉 
29歳 女


シンジの直接の上司、と云うよりは保護者的なお姉さん
特務機関『ネルフ』の作戦担当で後に責任者。階級は一尉。
わりと楽天的。およそ軍人には見えないが、芯はしっかりしている。

喜怒哀楽が表に出やすいタイプで、シンジとは気が合う。
年の割には子供っぽい女性。
飲みに行くか、部屋でゴロゴロしているのが趣味。男の前では、意外と強情。
_______________________________________________________
PÁGINA 19- Ritsuko <imagen>
Oculto:
Dra. Ritsuko Akagi
Mujer 30 años


Supervisor del equipo de desarrollo para las armas- humanoides gigante "Evangelion". Intelectual y un aire cínico. Familiarizada con Misato desde la escuela, donde las dos amigas habían peleando. Debidamente madura para su edad. Aficionada a los árboles Bonsai y el rock punk. Tiene un gato. Mujer sola, sorprendentemente suave delante de los hombres. Que entiende el profesor Ikari.


Imagen

19ページ

赤木リツコ博士 
30歳 女

巨大人型兵器『エヴァンゲリオン』開発チームの責任者
理知的でクールな皮肉屋。
ミサトとは学生時代からの付き合いでケンカ友達。年相応にしっかりした女性。
盆栽とパンクロックが趣味。猫を飼っている。男の前では、意外と素直。
碇教授を理解しているただ一人の女性。
_______________________________________________________
PÁGINA 20- Asuka <imagen>
Oculto:
Soryu Asuka Langley
Niña 14 años


Piloto exclusivo del arma humanoide gigante "Evangelion-02" especialmente educada y entrenada desde el principio como piloto exclusivo.
Una niña determinada, quién es apta para estirar por sí misma que hacer en función de la situación.
Su hobby es jugar juegos de video. Odia perder y odia a los niños. sólo aspira a ser como Kaji.
Un cuarto japonés, también tiene sangre alemana-estadounidense. Su madrastra vive en Alemania (su padre falleció).
Compañera de clase de Shinji después de cambiarse de escuela.


Imagen

20ページ

惣流・アスカ・ラングレー 
14歳 女

巨大人型兵器『エヴァンゲリオン』弐号機の専属操縦者
開発当初から専属操縦者として特殊教育・訓練されている。
立場上かなりの背伸びを強いられている、勝気な女の子。
ゲームが趣味。負けず嫌いで、男嫌い。唯一、加持にはあこがれている。
日本とドイツ系アメリカのクォーター。
義理の母親が独国に在中。(父親とは死別)
転校後は、シンジのクラスメイトでもある。
_______________________________________________________
PÁGINA 21- Ayanami <imagen>
Oculto:
Rei Ayanami
Niña 14 años


Piloto exclusivo del arma humanoide gigante "Evangelion-00" miembro del equipo de geofront, en un principio sufrió lesión debido a la primera batalla.
Especialmente educada y entrenada al igual que Asuka.
Carece de emoción y habla pocas palabras. Nihilista sin sentimientos.
Aprendió acerca de las emociones y sentimientos después de caer en el "amor" con alguien.
Importante secreto detrás de su nacimiento oculto (no tiene padres).


Imagen

21ページ
綾波レイ 14歳 女
巨大人型兵器『エヴァンゲリオン』零号機の専属操縦者
初戦闘時におけるケガのため、当初は地上勤務。
アスカと同様に特殊教育・訓練されている。
無表情で無口。感情のないニヒリスト。
人を「好き」になることにより、初めて感情や愛情というものを覚える。
彼女の出生にも、重大な秘密が隠されている。(両親は不在)
_______________________________________________________
PÁGINA 22- Gendou <imagen>
Oculto:
Profesor Gendo Ikari
Hombre 48 años


Padre biológico de Shinji. Primer jefe del "Laboratorio de Evolutiva Artificial" Defensor del "Plan de Complementación Humana", y también oficial en jefe.
Gradualmente comenzó a obsesionarse con su propia investigación y convertirse en un ser humano digitalizado, justifica cualquier medio para lograr su objetivo.
Cree que su plan se formará en una verdadera utopía de igualdad para todos.
Personaje misterioso en el comportamiento y las palabras.

Imagen

22ページ

碇ゲンドウ教授 48歳 男

シンジの実の父親。初代『人工進化研究所』所長
『人類補完計画』の提唱者であり、最高責任者でもある。

徐々に研究そのものに取りつかれ、目的のためには全ての手段が正当化される
デジタルな人物になって行く。
この計画の有り先には、全ての人々に真の平等をもたらす理想郷がある、
と信じている。
行動や言動にいろいろと謎の多い人物。
_______________________________________________________
PÁGINA 23- Otros Secundarios <imagen>
Oculto:
Toji Suzuhara 14 años hombre

Compañero de clase de Shinji y su mejor amigo.
De sangre caliente, del tipo emocional.
Pésimo en deportes. Su debilidad son mujeres mayores. Su padre trabaja en el instituto de investigación. Tiene una hermana pequeña.


Kensuke Aida 14 años hombre

Compañero de clase de Shinji y su mejor amigo.
Fanático de las armas militares y tomar videos.
Tipo que sacrifica cualquier cosa por sus aficiones.
Un poco nervioso. Adora a las mujeres mayores. Su padre es un civil. (La madre falleció.)


Hikari Horaki 14 años mujer

Compañera de clase de Shinji.
Presidente de la clase. Trabajadoras y hogareña. Es una estudiante modelo, se lleva bien con Asuka.
Aparte, el nombre de su hermana mayor es Kodama, y ​​el la hermana menor es Nozomi.


Ryoji Kaji 31 años Hombre

Miembro del centro de investigación. Funcionario internacional a diferencia de los otros miembros, Pertenece al departamento de Investigación del Comité.
Ex-novio de Misato. En apariencia es infantil, pero es muy estricto.
Gran influencia en el desarrollo de Shinji.


Konrad Lawrence 67 años Hombre

Presidente del Comité de Naciones Unidas para el "Plan de Complemento Humano".
También es (Secretario General) de la Comisión de Supervisión de NERV.
En gran parte a él se debe la creación de NERV, el centro de investigación y la aprobación del Plan de Complementación Humana.
En el principio partidario del comandante Ikari, sólo recientemente ha reñido con él.


Kozo Fuyutsuki 45 años Hombre

Vice-comandante de Nerv.
Entiende y apoya firmemente al comandante Ikari. Práctico y un hombre de pocas palabras.
Aceptación tranquilamente las imprudentes estrategias de Misato, debido en gran parte a su personalidad.


Pingüino de aguas termales 2 años Hombre

Mascota de Misato.
Creado artificialmente por la manipulación genética. Tiene inteligencia de un niño pequeño.
Normalmente vive en un gran refrigerador. ¿Por qué le encanta bañarse en aguas termales?


Imagen
[23ページ]

鈴原トウジ 14歳 男

シンジのクラスメイトで親友。
感情がストレートに出る熱血タイプ。
意外とスポーツは苦手。年上の女性にも弱い。父親は研究所員。妹が一人いる。

相田ケンスケ 14歳 男

シンジのクラスメイトで親友。
軍事兵器マニアでビデオマニア。
自分の趣味のためには、いかなる犠牲もいとわないタイプ。
いささか神経質。年上の女性にかなり弱い。父親は軍属。(母親とは死別)

洞木ヒカリ 14歳 女

シンジのクラスメイト。
クラス委員長。努力家で地味なタイプ。いわゆる優等生だが、アスカとは気が合う。
余談だが、姉の名はコダマ、妹の名はノゾミ。

加持リョウジ 31歳 男

研究所員。だが他の所員のように国際公務員ではなく、内閣調査室に所属している。
ミサトの昔の彼氏。表面的には子供っぽくふるまっているが、実はシビア。
シンジの成長に多大な影響を与える。

コンラート・ローレンツ 67歳 男

国際連合最高幹部会所属『人類補完委員会』議長。
ネルフ監察委員会最高責任者(長官)も兼任。
人類補完計画の承認や研究所及びネルフ設立は、
この人物の尽力によるところが大きい。
当初は碇所長の良き理解者であったが、最近は会うと口論ばかりになっている。

冬月コウゾウ 45歳 男

ネルフ本部副指令(ママ)官。
碇所長の良き理解者であり協力者。無口で実務肌な人。
ミサトの無茶な作戦が黙認されているのも、この人物の人柄によるところが大きい。

温泉ペンギン 2歳 牡

ミサトのペット。
遺伝子操作により人工的に造られた動物。幼児並の知能を持つ。
普段は台所の大型冷蔵庫の中に住む。何故か、温泉が好き。
_______________________________________________________

Sinopsis de Episodios


PÁGINA 24- Episodio 01 <imagen>
Oculto:
Drama e Historia
(26 episodios)


Episodio 1 "Reunión del Pueblo"

La historia comienza con un tren de dos bagones en movimiento a través del terreno montañoso de Hakone, en dirección a la ciudad de Tokyo-3. A bordo esta el personaje principal, Shinji Ikari.
Ha sido llamado por su padre para venir a Tokyo-3. De repente, el tren se detiene.
A través de las montañas y árboles se escuchan las sirenas. Se emite el estado de emergencia en la ciudad. Dos figuras gigantes aparecen ante los ojos de Shinji y comenzar una batalla encarnizada.
Misato Katsuragi aparece y salva a Shinji.
El robot gigante "Evangelion Unidad-00" lograr repeler al enemigo a duras penas y es recogida tras el combate.
El gigante metálico "Apóstol Rajiel" desaparece en el lago. Allí es recuperado la Unidad-00 dañado a medias.

Misato guía a Shinji bajo la ciudad, a las profundidades de la tierra, al "Laboratorio de Evolución Artificial" donde se encuentra con Ritsuko y Rei.
Y por primera vez en años, ve a su padre.

Shinji encara a la unidad Evangelion-01. Se entera de que ha sido elegida para pilotarlo.

El misterioso "Apóstol Rajiel", aparece de nuevo.
La unidad-01 se prepara para la batalla, y Shinji, ni idea de lo que está pasando, se sienta en la silla de pilotaje bajo las órdenes de su padre y los otros adultos.
La unidad-01, aunque no puede caminar, es enviado a combatir directamente.

En la oscuridad de la noche, en la ciudad fortaleza de Tokyo-3, el choque entre dos gigantes.
La gente que creó al "Eva" puede ver con asombro el verdadero poder propia creación.



Imagen

24ページ

ドラマ及びストーリー展開
(全26話)

第1話「再会する人々」

のんびりと箱根の山間部を行く2両編成の電車。車内には主人公の少年、碇シンジの姿があった。
彼は父親に呼ばれ、第3新東京市に向かっていた。が、突然急停車する車両。
山に木霊する警報音。全市に発令される非常事態。山陵から姿を現す、2体の巨人。
降車したシンジの目前で繰り広げられる巨人同士の格闘戦。
彼を救う、葛木ミサトの登場。
戦闘は、機械的な巨人『エヴァンゲリオン零号機』が、かろうじて敵を撃退し、収拾される。
湖に沈降していく金属的な巨人『使徒・ラジエル』。
いずこかへ回収される中破した零号機。

ミサトの案内で街の地下深く作られた人工進化研究所へいくシンジ。
リツコやレイとの出会い。
数年ぶりの、父親との再会。

エヴァンゲリオン初号機と対面するシンジ。彼は、その操縦者として選ばれたことを知る。

再度上陸する謎の敵、使徒『ラジエル』。
初号機の出撃準備が進む中、何も分からないまま父親や大人たちに従い操縦席に座るシンジ。
結果、満足に歩くことも出来ないまま、迎撃に出る初号機。

深夜の要塞都市、第3新東京市で対峙する2体の巨人。
その直後に人々は、自らが造り出した『エヴァ』の持つ力に恐怖した。
_______________________________________________________
PÁGINA 25- Episodios 02 - 08 <imagen>
Oculto:
Episodio 2 "Un Techo Desconocido"
Durante la batalla, Eva se vuelve incontrolable. Y muestra una imprevista fuerza.
Shinji se venció al enemigo. Después de la batalla, la reacción de los civiles a los Evas y los Ángeles se muestra.
Para Shinji es el comienzo de una nueva vida en una tierra desconocida llena de gente desconocida.
Recuerda el temor de la batalla. Misato y Shinji interactúan.

Episodio 3 "La primera llamada telefónica"
La nueva escuela de Shinji. Allí hace sus primeros amigos.
Grandes operaciones de interceptación y combate en la ciudad de Neo Tokio-3.

Episodio 4 "14 años, el primer día"
El cumpleaños de Shinji. Pero su padre no tiene palabras de felicitación para él.
Misato decide creer en Shinji.
El drama de la gente de la agencia militar secreta "Nerv".

Episodio 5 "Rei, más allá del corazón"
Interacción entre Rei y Shinji. El temible poder mostrado por un ángel.
La derrota del Eva. El laboratorio en peligro inminente.

Episodio 6 "Batalla decisiva, ciudad de Neo Tokio-3"
Una batalla entre el ingenio humano y el Ángel. El regreso del Eva.
Shinji comienza a entender a la gente de Nerv.

Episodio 7 "La Cosa Creada por el Hombre"
Un nuevo humanoide robotico de batalla es hecho por el hombre, aparte de los Evas.
prueba de puesta en marcha. Nerv se despliega.

Episodio 8 "Asuka, llega a Japon"
Aparecen Asuka, Eva Unidad-02 y Kaji. Acorazados contra robot gigante.
Batalla en la cubierta de un portaaviones.


Imagen

25ページ

第2話「見知らぬ、天井」
敵との戦闘中に制御不能となるエヴァ。それが予定以上の力を発揮する。
シンジの切れた精神が敵を撃破したのだ。その後のエヴァと使徒襲来に対する人々の反応。
シンジにとって、見知らぬ土地での知らない人たちとの新しい生活。
蘇る戦闘の恐怖。ミサトとシンジとの交流。

第3話「初めてのTEL」
シンジの転校、そこで出来る。初めての親友。
第3新東京市での大規模な迎撃作戦。

第4話「14歳、始まりの日」
シンジの誕生日。息子への祝いの言葉を持たぬ、父親。シンジを思う、ミサトの決意。
特務機関『ネルフ』の人々のドラマ描写。

第5話「レイ、心のむこうに」
レイとシンジの交流。巨大な力を見せる使徒の恐怖。
エヴァの敗北。危機迫る、研究所。

第6話「決戦、第3新東京市」
人類対使徒の総力決戦。エヴァの逆襲。ネルフの人たちを少し理解するシンジ。

第7話「人の、造りしもの」
民間企業により実用化されたエヴァ以外の人型兵器。その実験模様。ネルフの疎外感。


第8話「アスカ、来朝」
アスカとエヴァ弐号機、そして加持の登場。戦艦対巨大ロボット。空母甲板上での格闘戦。
_______________________________________________________
PÁGINA 26- Episodios 09 al 15 <imagen>
Oculto:
Episodio 9 "Instante, Corazones, Juntos"
en primer lugar el de Eva junto a las aguas de batalla.
Primeras operaciones de intercepción en al borde del agua. Interacción entre Shinji y Asuka. Dos Evas luchando juntos.

Episodio 10 "Aún, en la oscuridad"
El Laboratorio tuvo que dejar de trabajar.
La fragilidad de la civilización moderna cuando ha perdido el poder eléctrico.
La tristeza de la civilización moderna privados de electricidad.
Dramáticos momentos para interceptar al Apóstol.

Episodio 11 "Magma Diver"
Primer programa ofensivo de NERV contra el Apóstol.
Eva se sumergirse en la lava con un equipo especial para la captura de los Apóstoles.
Batalla en el magma ardiente.

Episodio 12 "Un milagro de 18 segundos"
Incapacidad para derribar a un Apóstol que viene volando hacia la Ciudad de Neo Tokyo 3 (como una bombas gigante).
Situación desesperada. Misato propone un plan arriesgado.

Episodio 13 "Lo que viene después del miedo"
La gran derrota del engreído Shinji se veía venir. Eva unidad-01 es derrotado.
Y Shinji queda atrapada en su interior.

Episodio 14 "Enfermedad mortal, y después"
El rescate de la unidad-01. Drama en situación limite
Shinji conoce el verdadero miedo y desesperanza.

Episodio 15 "Shinji, una vez más"
Ya a salvo, Shinji decide subir a Eva una vez mas
La unidad-01 cambia su imagen


Imagen

26ページ

第9話「瞬間、心、重ねて」
初の水際迎撃作戦。シンジとアスカの交流。2体のエヴァによる連携戦闘。

第10話「静止した、闇の中で」
機能停止してしまった研究所。
電力を失った現代文明の脆さ。
使徒迎撃へのタイムサスペンス。

第11話「マグマ・ダイバー」
使徒に対し、初の攻勢を見せるネルフ。
使徒捕獲のため特殊装備で溶岩内に潜るエヴァ。
灼熱のマグマ内での戦闘。

第12話「18秒の奇跡」
第3新東京市へ飛来する撃墜不能の使徒(大型爆弾)。
絶体絶命の危機。ミサト達の捨て身の作戦。

第13話「恐怖の後に来るものは」
増長したシンジを待ち受けていた大敗北。大破するエヴァ初号機。
機体内に閉じこめられるシンジ。

第14話「死に至る病、そして」
大破した初号機からの救出劇。極限状況での人間ドラマ。
真の恐怖を知り、絶望を味わうシンジ。

第15話「シンジ、ふたたび」
放心状態からふたたび、自分の意思でエヴァに乗るシンジ。
大改造される初号機。
_______________________________________________________
PÁGINA 27- Episodios 16 - 22 <imagen>
Oculto:

Episodio 16 "En el Corazón del Enemigo"
El enemigo es capturado, por primera vez Shinji y el Apóstol se comunican.
Parte del objetivo de los Ángeles sale a la luz.

Episodio 17 "Asuka, La Primera Cita"
Asuka va a un parque de diversiones por primera vez. Una historia del pasado de Misato. Una comedia romántica.

Episodio 18 "elección de vida"
La estrategia del Apóstol, controla al Eva unidad-03 con su amigo, Shinji no lucha. Él debe hacer su elección.

Episodio 19 "La lucha de un hombre"
Asuka es gravemente herida protegiendo a Shinji. Shinji trata de probarse a sí mismo por ella. La primera batalla aérea de los Evas. La muerte de Kaji.

Episodio 20 "Nerv, el nacimiento"
La unidad Eva-05 es recibido de Alemania.
La historia de lo que sucedió hace 15 años
La evaporación del mar Muerto, la creación de Nerv y los Evas. La historia del padre de Shinji.

Episodio 21 "Por lo menos, se humano"
Una batalla bajo el agua alrededor de un barco hundido. Shinji recibe un ataque mental del apóstol. La historia de la madre de Shinji.

Episodio 22 "Un gato y el estudiante transferido"
El primer Apóstol de tamaño y forma humana(niño con un gato)
Accidentalmente Nerv permite la entrada del Apóstol en el laboratorio.
El dilema de Shinji de lucha contra un Apóstol con forma humana.
Se revela el mayor secreto del laboratorio.




Imagen


27ページ

第16話「敵の心の中で」
敵に捕獲され、初めて使徒と会話を交わすシンジ。
使徒の目的など一部が解明する。

第17話「アスカ、初デート」
初めて遊園地に行くアスカ。、ミサトの昔話など全編これ、ラブコメ話。

第18話「命の、選択を」
使徒の謀略により、親友の乗ったエヴァ3号機と戦うシンジ。彼の取る選択。

第19話「男の、戦い」
シンジをかばい重傷をおってしまうアスカ。
彼女に対し、男、を自覚するシンジ。エヴァ初の空中戦闘。加持の死。

第20話「ネルフ、誕生」
独国から届くエヴァ5号機。
15年前の回想話。
ベールを脱ぐ死海蒸発事件。ネルフやエヴァの開発秘話。シンジの父親の話。

第21話「せめて、人間らしく」
海底で朽ち果てた戦艦を舞台にした水中戦。敵の精神攻撃を受けるシンジ。シンジの母親の話。

第22話「猫と転校生」
初登場する等身大人間型の使徒(猫を連れた美少年)。研究所内の侵入を許してしまうネルフ。人型使徒の襲来に戸惑うシンジ。
明らかにされる研究所の隠された秘密。
_______________________________________________________
PÁGINA 28- Episodios 23 al 26 final <imagen>
Oculto:
Episodio 23 "El Plan de Complementación Humana"
Se revelan los secretos de Eva y el Proyecto de Instrumentalidad Humana
También se conoce el verdadero propósito de Ritsuko y el padre (de shinji).

Episodio 24 "Ahora, el tiempo prometido"
Rei muere.
Sus secretos son revelados.
Finalmente el despertar, los doce más fuertes Apostolos descienden de la Luna.
Tanto la Unidad de Eva-06 como el continente americano desaparecen por completo.
Los seres humanos toman conciencia de su impotencia frente al abrumador poder de los Apóstoles.
Se acerca el tiempo prometido, cuando la gente volverá a la nada,
Drama humano en la desesperación.

Episodio 25 "El Arka, La Tierra Prometida"
El laboratorio tiene las antiguas ruinas de "Arka", se han convertido en clave.
Para poner fin a los doce Apóstoles, los miembros en jefes de las Naciones Unidas anulan el "Plan de Complemento Humano" y resuelven destruir los Apóstoles. En contra de su padre. Shinji y los demás van al laboratorio donde esta Rei.
Drama de personas en conflicto por objetivos distintos.

Episodio final "El único camino"
La conclusión.
La escena del laboratorio destruido, todos los misterios y el drama llegan al desenlace final.



Imagen

28ページ
第23話「人類補完計画」
明かされるエヴァと『人類補完計画』の秘密。
リツコと父親の真の目的も知る。

第24話「今、契約の時」
倒れるレイ。
明かされる彼女の秘密。
ついに目覚め、月より飛来する最強の12使徒。
米大陸ごと蒸発してしまうエヴァ6号機。
その圧倒的な力の前に、無力を自覚する人類。
人が無に還る、契約の時が迫る。
絶望の中での人間ドラマ。

第25話「アルカ、約束の地」
キーとなっている古代遺跡『アルカ』を擁する研究所。
12使徒を止めるため『人類補完計画』を破棄し、その破壊を決意する国連上層部。反対する父親。
レイのため研究所に留まるシンジたち。
異なった目的のために衝突する人間たちのドラマ。

最終話「たったひとつの、冴えたやり方」
終局である。
破壊された研究所を舞台に、
全ての謎とドラマに決着がつく。
ラストは大団円。
_______________________________________________________
PÁGINA 29 - Ramiel <imagen>
Oculto:

Exposiciones visuales de la junta de imagen(Image board)

Angel, Ramiel (Angel del trueno)
Un inmenso cuerpo de 300 metros en su totalidad que se suspende sobre el aire. Invade Neo-Tokyo 3 por los cielos.
Su arma mas potente, un rifle de positrones que cubre todas las direcciones con el que se hacta de tener un rango de alcance de 20 kilómetros.
Ese poder, de un solo disparo penetra la armadura del eva.
En conexión con esto, este es el “negativo” (se refiere al boceto).

El eva 01 en preparativos para la pelea.
El piloto desde el interior de esta cabina cilíndrica ingresa al asiento de mando.
En el hangar para restringir el “descontrol” del eva, los puentes para planchas se insertan de forma frontal y posterior siendo contenidos los inmensos pilones de ambos hombros.


Imagen


29ページ

イメージボードによる
ビジュアル的な見せ場

使徒・ラミエル (雷の天使)
全長300メートルの巨体を宙に浮かせて、弟3新東京市上空に侵入してくる。
最大の武器は、射程距離20キロを誇る、全方位 陽電子ライフル。
その威力は、一発でエヴァの装甲を貫通する。ちなみに、これはネガフィルム。

出撃準備中の
エヴァ初号機
操縦者はこのコックピ
ットシリンダーの奥か
ら操縦席へ乗り込む。
格納庫でのエヴァは暴
走を押さえるために、
両肩の大型パイロンを
板状のガントリーが、
前後から挟み込む形で
拘束されている。
_______________________________________________________
PÁGINA 30 - Lanzaderas - Neo Tokio-3 <imagen>
Oculto:
Eva, en dirección hacia la salida de despegue de la superficie mientras es transportado a alta velocidad.
Desde el lugar en donde mejor se aplique a la estrategia, para el despegue, fue construido un túnel subterráneo de transporte.
Se utilizan los dos grandes pilones a ambos hombros y por un riel lineal se mueve a alta velocidad.
El túnel en su segunda posición, abajo forma un calzada.

Obtiene los rifles de para uso exclusivo almacenados en los edificios de la ciudad de neo tokyo 3 que es convertida en campo de batalla, el eva avanza detras del auto guía.

Lo que se ve en el fondo es el gran ascensor para uso de despegue.
La ruta para soportar el peso del eva, tiene forma de bloque absorbente.
De esta forma el punto muy importante de la ciudad es cambia a una fortaleza, es que esta provista y desplega en los casos de emergencia como variadas armas, energi packs provisorios y enormes enchufes de recarga.


Imagen


30ページ

地上発進口ヘと
高速輸送中の、エヴァ
作戦に合わせた最適の位置から
発進するために、輸送用の地下
トンネルが造られている。
両肩の大型パイロンを使用して
リニア ・ レールを高速移動。
トンネルは2座式で、下は車道
となっている。

戦場となる第3新東京市
ビルに格納されている専用ライ
フルを手に、先導車の後を進む
初号機。奥に見えるのが、発進
用の大型昇降機。道路はエヴァ
の重量を支えるため、ブロック
状のアブソーバーになっている。
このように要塞化された街の要
所要所には、各種兵器や予備エ
ネルギーパック、充電用の大型
ソケット等が、非常時に備え配
備されている。
_______________________________________________________
PÁGINA 31 - Batallas <imagen>
Oculto:
El Apóstol que surca los cielos de neo tokyo 3, Sahaquiel (El angel de los cielos)
Mas que un arma de “estiramiento total óptica”, un cuerpo de finas planchas elásticas que repelen ataques, la mejor arma.
Ademas, los lazers que son reflejados opuestamente pueden golpear a eva.
Se piensa que el cuerpo verdadero que lo controla es el centro de la esfera resplandeciente

Lo que tiene en su mano derecha es el cuchillo de alta frecuencia.
La trasnparente hoja de alta oscilacion saca chispas y es capaz de cercenar a un enemigo como un cuchillo de manteca.
En su mano el oscilador lazer de ondas completas para uso de puntería equipado atrapa al objetivo.
Al operarlos juntos se dispara un lazer multicolor, aplastando al enemigo

Imagen de un nuevo combate en una escena nocturna.

Ambos hombros ademas de ser grandes pilones lanza misiles funcionan tambien como un escudo de supervivencia de armamento robotico.


Imagen


31ページ

第3新東京市上空を舞う
使徒・サハクィエル (空の天使)
どこまでも伸び光学兵器をも跳ね返す
伸縮自在の薄い板状の体が、
最大の武器。
それにより、反射されたレーザーが、
逆にエヴァを襲うことになる。
中央に光る球状の物体が、制御本体と
思われる。

右手にあるのが、高周波ナイフ。
半透明の極振動刃が、火花をあげ、敵
をバターナイフの様に切断する。
左手に装備されている、照準用の全周
波レーザー発振機が目標を摘捉。連動
した両胸から、虹色のレーザーが発射
され、敵を撃破する。

新たなイメージ ナイトシーンでの戦闘

両肩はミサイルランチャー等の大型パイロンの他に、サバイバル・ツールのような
武装ボットも兼ねている。
_______________________________________________________
PÁGINA 32 - Eva-01 <imagen>
Oculto:

El eva que se deshace forzadamente de su armadura y equipo.
Por medio de las quebraduras de las partes que fueron castigadas se puede ver lo que puede llamarse su “capa principal”.
Todos los musculos artificiales operan por energía eléctrica.
No se puede describir a eva como una mera herramienta/arma.
Se convierte en un factor importante del drama de jovenes y adultos.

Unidad 1 version B igual que en la izquierda versión C


Imagen


32ページ

装甲服と装備を
強制排除する
エヴァ初号機

パージされたパーツの
隙間から「素体」と呼
ばれる本体が見える。
人工筋肉等全ての機
能は電力により稼動。
エヴァは単なる兵器
道具として描かれる
わけではない。
20年後のリアルな
近未来都市を背景に
繰り広げられる、少
年たちと大人たちの
ドラマの、重要な鍵
となっている。

初号機別デザイン Bバージョン 同左 Cバージョン
_______________________________________________________
PÁGINA 33 - Sachiel <imagen>
Oculto:
Usa un nado de delfín, el angen que se mueve a gran velocidad bajo el agua.

Apóstol Sachiel (El angel del agua).
Arma de batalla de aspecto humano con capacidad terrestre y acuática.

Flota entre el agua, el enemigo que se acerca destroza con sus brazos que se transforman a voluntad.
Ese poder termina perforando la armadura de eva sin esfuerzo.
Durante el capitulo, asalta al eva 02 que se desplazaba en un porta aviones en el océano pacifico.


Imagen


33ページ

ドルフィンキックを使い、水中を高速で移動する使徒。

使徒 サキエル (水の天使)
陸海両用の、人型戦闘兵器。

水Aを漂い、近づく敵は変形自在の両腕で切り裂く。
その威力は、エヴァの装甲を軽く貫いてしまう。
劇中では、専用空母にて太平洋上を移動中のエヴァ弐号機に襲いかかる。
_______________________________________________________
PÁGINA 34 - Arael, Shateiel y Turel <imagen>
Oculto:
Flotando a gran altura, el Apostol Arael (Ángel de las Aves)
Batalla aerea, un arma en forma de pájaro. Con sus doce alas translúcidas extendida, se puede mover libremente en el aire.
Las armas más poderosas del Apóstol son las espadas de alta frecuencia en la puntas de sus alas.
Dado que los Evas son unidades terrestres, se ven obligados a una lucha muy dura.


Apóstol Shateiel (Angel del Silencio)
Un arma de combate óptica de energía lumínica condensada en un estado sólido. Con revestimiento protector en forma de un cristal giratorio convierte todas las líneas de fuerza magnética y electromagnética en energía absorbida.
La energía acumulada en su cuerpo puede cambiar a voluntad en las líneas de campo magnético, ondas electromagnéticas, la electricidad y el calor, y puesto en libertad a los enemigos.


Apóstol Turel (Angel de la Roca de Dios)
Una bomba automática a gran escala que persigue a sus enemigos y se autodestruye. Todos los ataques externos le rebotan, trae una muerte segura a sus objetivos. Su forma, avanzanda lentamente por el aire, llena de terror y desesperación la ciudad de Neo Tokyo-3.


Imagen

34ページ

高空を舞う、使徒 アラエル (鳥の天使)
空中戦用の、鳥型戦闘兵器
半透明の12枚の翼をひろげ、宙を自在に移動する。
最大の武器は、翼端の高周波ソード。
陸戦兵器であるエヴァは、大苦戦を強いられることになる。

使徒 シャテイエル (沈黙の天使)
光エネルギーが固体の形まで凝縮された光学戦闘兵器
回転するクリスタル状の防御板があらゆる磁力・電磁波を吸収しエネルギーへと変換する。
体内に蓄積された工ネルギーは磁力線・電磁波・電気・熱量と自在に姿を変え、敵に放出される。

使徒 テゥレル (神岩の天使)
どこまでも敵を追い詰め自爆する、大型自動爆弾
外界からのいかなる攻撃を跳ね返し、狙われたものに確実な死をもたらす
ゆっくりと飛来する姿は、第3新東京市を恐怖と絶望に陥れる

_______________________________________________________
PÁGINA 35 - Conclución - Resumen <imagen>
Oculto:
Para concluir, el resumen del proyecto original.

A tal efecto nosotros, las personas dentro del sistema, describiremos la condición de las organizaciones y las personas.


Actualmente la sociedad en su totalidad está perdiendo la comunicación con otras personas.
Las relaciones humanas dentro de las familias y las organizaciones (escuela) están a punto de desmoronarse.
La audiencia a través de los ojos del protagonista se preguntará ¿De qué se trata la comunicación con la familia, los amigos, los adultos la sociedad?
Ya incluso los niños conocen nada más que una experiencia social simulada al estar solamente con juegos y manga.
Por esa razón pensamos que al ver esta animacion, queremos que conozcan cosas como las relaciones humanas, las emociones que no pueden transmitirse, disfrutarse a travez del manga y el anime, lo interesante propio de las peliculas

Además nosotros, con una imagen nueva, desafiamos las batallas de robots aliados gigantes.

Invisibilidad, spectrum racer, cuchillos de alta frecuencia y la ultima arma para poder destruir a los ángeles como "la lanza de longinus", diversidad de nuevas armas.
Cosas como las montañas y campos de hermosa naturaleza y único paisaje urbano de japon le da muchos usos al “night scene”, un nuevo escenario.
La animación tiene la particularidad de hacernos sentir bien con el movimiento.
No hay hasta ahora imágenes visuales que tengan tantas numerosas escenas de batalla.

Nosotros estamos apuntando a una apropiada nueva era de la animación de robots a la segunda mitad de los años 90

Proyecto ・Original Gainax Corp.




Imagen


35ページ

以上が、本企画の概要です。

このように私たちは、
システムの中の人間、組織と人間の有り様
を描きます。

現在、社会全体で失われつつある、他人とのコミュニケーション。
家族や組織(学校)内での人間関係が、今や崩壊しようとしています。
視聴者は、主人公の眼を通して、家族、友人、大人、社会との
コミュニケーションとは、何なのか? を考えていきます。
子供たちは、もはやマンガとゲームの中でしか、社会的疑似体験を知りません。
だからこそ、本アニメーションを観て、マンガやゲームでは味わうことの
出来ない「人の連なり」や「感動」など、フィルムならではの「おもしろさ」
を知ってもらいたい、と考えています。


また、私たちは、
斬新なイメージで、巨大ロボット同士の戦闘
に挑戦します。
不可視及びスペクトルレーザーや高周波ナイフ、使徒を破壊できる最後の武器
「ロンギニス(ママ)の槍」等の、多彩な新兵器。
山陵や田園等の美しい日本の自然や特殊な街並多用されるナイトシーン等の、
新しい舞台。
アニメーションが持つ動きの、気持ち良さ。
これまでにないビジュアルイメージを持った戦闘シーンの数々。

私たちは、
90年代後半にふさわしい
新たな時代のロボットアニメーション
を目指しているのです。

企画・原作 株式会社ガイナックス


Formato Web: http://pics.reiliberationparade.com.ar/ ... .EN.ES.htm
Descarga: http://www.mediafire.com/download.php?lza2tisykquv3pr

Fuentes:
Ingles: http://wiki.evageeks.org/Neon_Genesis_E ... n_Proposal
Japones: http://blog.livedoor.jp/honsen_siori/ar ... 21015.html
Imagenes: http://evaitalia.xoom.it/kikakushoscans.htm

Créditos:
Sir_Evangelis: traducción del japones.
AchtungAffen: correcciones.
Deyno: traducción del ingles y latigazos.


este documente esta libre de ser difundido y revisado para mejorar su calidad.
Imagen

Fui avandonado en los Desafíos de la Muerte 3
Pero sobreviví, ahora nada me importa mas que yo mismo


Eva-TV+CHAT - chat MSN&Yahoo Eva-Facebook REgistrate!

Avatar de Usuario
Deyno
Moderador del ForoRE
 
Mensajes: 2633
Registrado: Mar Oct 12, 2010 11:45 pm
Ubicación: Santiago de Chile

Re: KIKAKUSHO - Proposal Version - El prototipo de NGE

Notapor Deyno » Dom Ago 28, 2011 6:59 pm

Diferencias con la Serie:
Personajes
-Gendo tiene el título de "Profesor" (kyouju), además del rango de comandante de Nerv.
- Kensuke no aparece con gafas.
- Fuyutsuki es de 45 años de edad - Gendo junior en lugar de la tercera edad.
- El presidente del consejo es "Konrad Lorenz", en lugar de "Keel Lorenz". ("Konrad Lorenz" es en realidad el nombre de un famoso biólogo austríaco). Su edad se da por 67años, mientras que la edad oficial de la quilla es "desconocida".
- No da nombre para el "pingüino de aguas calientes". Sin embargo, el pájaro, tienen edad (2 años) y da unos vestigios la historia oscura de sus orígenes en la bioingeniería - esto no aparece en la serie pero si en el manga Sadamoto.
- Los tres operadores de Nerv (Maya Ibuki, Makoto Hyuga y Aoba Shigeru) no están presentes.

Evangelions
- Son fácilmente reconocibles, aunque el diseño está aún desarrollo. Las armaduras son similares a los observados en la serie. Aunque tambien se asemejan a sus homólogos del anime de mechas.
- Eva-01 es representado con armadura blanca. También se maneja diferentes configuraciones del cuerno.
- Eva-05 y Eva-06 están presentes, no pertenecientes a lo Eva Serie de produccion masiva.
-La altura de la Evas se da como 40 metros. Mientras que en la serie son mas grandes.
-El poder sin límites se obtiene a través de un "motor de positrones" en lugar de la del motor S².


Apóstoles
- Entidades llamadas shito (Angel) están presentes, pero la "versión alternativa" de esto es "Apóstol" en lugar de "Angel". Este es un enfoque mucho más literal, teniendo en cuenta shito es la palabra japonesa reservada para los apóstoles bíblicos. Sin embargo, como en el espectáculo final, la propuesta de Shito tienen nombres de ángeles, no los apóstoles.
- Hay veintiocho total Apostolos.
- Adán fue desenterrado en la región del Mar Muerto (que posteriormente se evapora a través del Segundo Impacto), no la Antártida.
- Un metálicos Apostolo llaman ataques de Raziel en Episodio 01 en lugar de Sachiel .
- Sachiel está presente, aunque el diseño de Yoshitoh Asari poco se parece a la versión final, con excepción la característica de "humanoide anfibio".
- Ramiel se ve igual, excepto que es unos triángulo levitando por encima de cada una de sus ocho caras.
- El Sahaquiel de la propuesta es completamente diferente diseño inteligente: esencialmente dos cintas super-destructivas (al estilo de Zeruel) unidos por un núcleo central.
- Un Apostol con forma humana, el prototipo de Kaworu Nagisa, aparece antes en la cronología. También es acompañado por un gato de mascota (un detalle, Sadamoto aparentemente hace referencia a este en su manga, donde Kaworu mata un gato cachorro).
- Aparecen los diseños de dos angeles no vists en la serie, Shateiel y Turel.
- El último conflicto Apostolo implica el "doce más fuerte", que descienden de la Luna (aparentemente) y vaporizan América del Norte (venganza?).
- Núcleos aparecen representados tanto en rojo como azul.

Miscelánea
- El Seele y Gehirn están ausentes. (Seele pudo ser originado durante la producción de la serie).
- El Laboratorio de Evolución Artificial esta presente, y no es algo restringido a la historia pasada del origen de Nerv.
- La Primera Raza Ancestral se dice que son formas de vida prehistóricos responsables de Adán y el Apostolos.
- El ending involucra "las antiguas ruinas de Arka"
_________________________________________

fuente: http://homepage3.nifty.com/mana/eva-shi.htm#top
este sitio dice tener la historia de eva
KIKAKU KAIGI
Reunion del proyecto
lo que mas llama la atencion es te parafo
Oculto:
" Preliminary Meeting

[Theme]

Before the birth of the human race, there twice existed prehistoric civilizations with advanced technology. The first civilization (the First Ancestral Race) created the EVA, but because of this they were destroyed. The next civilization (the Second Ancestral Race) created the Spears of Longinus, thus successfully containing the EVA; afterwards, as a countermeasure to anyone reviving the EVA, they planted Angels all over the world.

[Analysis]

At this stage EVA are not to be considered "man-made", but beings resurrected by the Ancestral Races. Hence, the Angels exist largely to destroy the EVA and remove traces of their presence in the case of their revival. However, it goes without saying that very similar themes are to be found in some of Director Anno's works such as "Nausicaa of the Valley of the Wind" and "Nadia". Ancient civilizations that boasted great technology are a typical theme found in Science Fiction anime. At this stage, it is difficult to imagine works with the same level or originality and complexity coming after EVA."
Sobre la Evolucion de la Historia de evangelion
Oculto:
 

ストーリー及び設定の変遷


エヴァンゲリオンには、膨大な設定が存在している割には、不明確なものが多く、さらにそれらは変動しております。現在までに公開された範囲で、変更幅が大きかった部分に焦点を合わせ、これらの状況をまとめます。

なお、「脚本段階」、「テレビ段階」などの区分は便宜的なものです。実際には後半の脚本が決定したのはテレビ放映が始まってからですし、映画版のアイデアもかなりの揺れが感じられます。
なお、スタッフの発言などから、より詳細な設定がわかっている部分も多々ありますので、今後はそれらも統合したいと思います。

 


企画会議
[設定]
人類が生まれる前に高度なテクノロジーをもつ先史文明が2度存在した。最初の文明(第一始祖民族)はエヴァを造ったが、それが原因で滅ぶ。次の文明(第2始祖民族)はロンギヌスの槍を造ってエヴァの封じ込めに成功、後に何者かがエヴァを復活させたときの対抗策として、世界各地に使徒を眠らせた。


[解説]
この段階ではエヴァは「人の造りしもの」ではなく、始祖民族が眠らせたものを復活させたようです。そして、使徒はあくまでも、復活したエヴァを破壊するための存在です。


なお、言うまでもありませんが、ナウシカ,、ナディアなどの庵野監督が関係した作品とも非常に似ております。
高度なテクノロジーを誇った過去の文明、というのは、SFアニメの代表的な設定です。この段階では、後のエヴァが持つオリジナリティや複雑さを想像するのは難しいものがあります。



 

企画書
[設定]
生物として、進化の行き詰まった人類を救世すべく発動した「人類補完計画」。その計画を阻止すべく襲来する正体不明の「使徒」。
使徒の正体は先史知的生命体「第一始祖民族」の残した世界各地に眠る古代遺物であり、全28体。そのうち、最初の一体(アダム)は死海のほとりで発掘され、謎の爆発により破壊されていた(西暦2000年の死海蒸発事件)。

エヴァは、予想される使徒の襲来に備え、人類の叡知を結集して作られたアダムのレプリカである。骨格と人工筋肉で作られた「素体」に各種装甲服を着させられる。また、後には使徒から回収した「陽電子機関」を搭載する。


なお、第1話時点で第一次整備計画として5号機までが健造されつつあるが、4号機は爆発事故により消失、健造中止となっている。
なお、人類補完委員会は国連最高幹部会所属であり、その直属の特務機関がNERVである。NERVとは、使徒の調査・研究・捕獲・殲滅を目的とした「対・第一始祖民族専従・超法規国際武装集団」である。


[キャラクター](TVと設定が違うものだけ)
碇ゲンドウ教授・・人工進化研究所所長。人類補完計画の提唱者。研究そのものにとりつかれ、目的のためには全ての手段が正当化されるデジタルな人間になっていく。この計画の有り先には、全ての人々に真の平等をもたらす理想郷があると信じている。また、エヴァ初号機には、碇教授の秘密と真の目的が隠されている。

赤木リツコ・・盆栽とパンクロックの趣味で、猫を飼っている。




 

鈴原トウジ・・スポーツマン風だが、実はスポーツが苦手。


[演出上の特徴]
第3新東京に向かうシンジの前で、突如現れるシトとエヴァ零号機の戦いが繰り広げられる。
シンジはミサトに助けられ、父の待つNERVへ(1話「再会する人々」)。

増長したシンジはシトに敗北し、エヴァ初号機は大破。シンジは機体内に閉じこめられ、絶望を味わう。その後、放心状態から立ち直ったシンジは、使徒の陽電子機関を取り込み大改造された初号機に自分の意志でのる(13話「恐怖の後に来るものは」14話「死に至る病、そして」15話「シンジ、ふたたび」)。

シンジは捕獲され、初めてシトと会話を交わし、シトの目的等が一部明かになる(16話「敵の心の中で」)
レイの秘密が明かされる。ついに目覚め、月より飛来する最強の12使徒。エヴァ6号機は米大陸ごと蒸発。圧倒的な力のまえに無力を自覚する人類(24話「今、契約の時」)。

12使徒を止めるため、人類補完計画を破棄し、キーとなる古代遺跡「アルカ」を擁する研究所の破壊を決定する国連上層部。反対するゲンドウ(25話「アルカ、約束の地」)。

研究所は破壊され、全ての謎とドラマに決着がつく(26話「たったひとつの、冴えたやり方」)。


<人類補完計画>
半世紀前、核融合に成功し、「太陽」を自らの手中に納めた人類が、次は「完全な人間」を自らの手で造ろうという補完計画。
目的は、神が擁する禁断の「生命の樹の実」を科学的に造りだし、人間から「死」を取り除き、さらに人の抱える原罪・全ての呪縛からも、全人類を解放しようというのである。ゲンドウは、この計画の先に全ての人々に真の平等をもたらす理想郷があると信じている。

(参考)漫画版
現在も連載中ですが、冒頭のシーンでシトとエヴァ零号機の戦いが描かれている点が企画段階からの流れであることがわかります。

[解説]
この段階までくると、かなり現在のエヴァに近いものになります。

企画会議からの大きな変更点としては、
1.エヴァは、第一始祖民族が造ったものではなく、最初の使徒「アダム」をもとに人間が造った。
2.人類補完計画がメインプロットとなる。使徒が人間を攻撃するのは補完計画をつぶすため。
3.エヴァ初号機には碇ゲンドウ教授の秘密が隠されている。

なお、使徒が各地の古代遺物であるという点は、企画会議からの流れであると思います。しかし、この時点ですでに、第一始祖民族と第2始祖民族との関係は変わっており、「第2始祖民族」という言葉はいっさいでてこなくなります。
また、古代遺跡アルカが、最終的なキーとなる存在であることがわかっております。


 


脚本版
[設定]
1. ゼーレの登場
・国連を裏から操る謎の組織ゼーレが登場。人類補完委員会のさらに上位に位置します。また、ゼーレは「エッセネ」と呼ばれていることから死海文書を所有者していたユダヤ教のエッセネ派との関係が推測されます。ゼーレに宗教的な要素が集中したために、ゲンドウからは宗教色はなくなるとともに、二つの補完計画の対立が生まれます。つまり、「原罪」の問題を語るのはゼーレの役目となり、ゲンドウはそれを冷ややかに見つめながら、独自の補完計画(心の補完含む)を進めようとします。

脚本版17話冬月「エッセネもあわてて行動表を修正しているだろう」
ゲンドウ「死海文書にない事件も起こる。老人にはいい薬だろう」


2. S2機関の登場
・陽電子機関がS2機関へと変更。ただし、この時点では使徒の動力源には陽電子の存在があるとされる。

脚本版5話リツコ「間違いないわ。動力炉は、予想通り<陽電子機関>ね。でもいくら解析しても構成物質の方は全くのお手上げ。わかるのは未知の純結晶金属であるってことだけ。」


3. ATフィールドの登場
ATフィールドが使徒の重要概念として登場し、しかもそれが「こころの壁」とされます。


4. レイのクローンの存在
企画段階でもレイには秘密が存在するという設定ですが、クローンの話はでてきません。また、レイの年齢は14才となっております。また、23話「涙」に相当する話が企画段階には存在しませんでした。

それに対し脚本版では、レイは2010年の段階で5才となっています。ということは2005年生まれであり、2004年にユイが消えた直後に作られたということでしょう。そして、23話「涙」ではレイのクローン制作場が登場します。これらのことから、レイのクローンの存在という設定は脚本段階で加わったものと考えられます。



5.シンジ=神の子(神児?)という発言が見られる。これは後にエヴァ初号機を使ったサードインパクトへの儀式として具体化する(生命の木への磔になり、ロンギヌスの槍でさされる)。

脚本版21話ゼーレ「ましてあの男、碇の息子を神の子とするわけにはいかんよ」

 


6.特別な意味を持つコア
使徒やエヴァにはコアがありますが、脚本版ではこれは「自我」とされております。

脚本版20話リツコ「そしてコアの発生。エヴァ初号機に意志が、自我が目覚めつつあるんだわ」
リツコ「やはりシンジ君は、彼女に取り込まれたのね」

 


7.生態系の回復
セカンドインパクトにより乱れた生態系が回復しつつあり、セミが戻り始める。なお、この段階においては、1年中夏という設定はまだないようです。

脚本版4話老婆「おじいさん。セミですね。」
老人「ああ、セミだ。」
老婆「あの大異変から15年。15年ぶりにこの街にもセミが戻ってきましたよ」
老婆「ミンミンゼミにアブラゼミ、ヒグラシの音も聞こえますよ」
老人「うむ。聞こえる。聞こえる。」

 


[変更された要素]
1. 死海蒸発事件→南極でのセカンドインパクトに変更。当然のことながら、ファーストインパクトという概念も一緒に登場する。しかしながら、死海文書の設定は残る。


2. 使徒に捕獲されたシンジの、使徒との会話がなくなり、自分自身との内面的な対話になる。これにより、使徒自身が目的を語るシーンはなくなった。


3. 国連軍とネルフの戦い…企画段階においては25話~26話において、使徒との戦いをあきらめた国連上層部によりネルフ本部の破壊が行われるはずであった。公開されている脚本では、25話~26話はテレビ版と同様に内面世界のものとなっている。しかしながら、映画版25話の脚本はテレビ版の時点で完成していたということなので、この時点において、ゼーレによるネルフ本部の破壊というシナリオはできあがっていたということであろう。


つまり、企画段階においては国連上層部による、ネルフ本部施設の破壊(古代遺跡アルカの破壊が目的)であったものが、脚本段階ではゼーレによるネルフの虐殺(パイロットを含むネルフ職員が目的であり、設備は破壊せず奪おうとした)となった。施設破壊から、施設奪取・職員虐殺へと、目的も入れ替わっている。


4. 企画書にあった「第一始祖民族」は「第一先住民族」へと変更となる。この変更により、使徒を造ったのは人類の祖先ではなく、人類とは別の生命体というニュアンスになった。また、使徒が古代遺物であるという設定は明示されなくなるとともに、古代遺跡アルカは登場しなくなった。

脚本版21話ミサト「使徒は第一先住民族の残したただの戦闘兵器でない事はわかっているわ。」

 


5. 4号機の爆発事故による損失という話と、12使徒による6号機の米大陸ごとの蒸発という話がひとつになって、4号機がS2機関の実験中にディラックの海にのまれるという設定になった。


6.この段階では、アダム計画の開始時期と内容を明示する台詞が存在する。

脚本版21話ゲンドウ「今日から新たな計画を推奨する。キール議長にはすでに提唱ずみだ。E計画とは別に、オリジナルであるアダムの再生をも推し進める。」
冬月「アダム計画だな」

 


7.企画書ではエヴァは月からくる12使徒に勝てないわけだが、脚本版では全ての使徒を倒すことに成功する。

 


[演出の変更]
1. 第一話の零号機の戦いはなくなる。
2. トウジがスポーツが実は下手であるという設定は生きている。
3. リツコは猫好きという設定は残るが、盆栽趣味とパンク趣味はなくなる。
4. ゲンドウは教授ではなくなり、冬月が教授になる。
5. 加持は青空のもとで撃たれる。なお、ネルフ諜報部はゲンドウに対して、加持の居所をつかんでいないことを説明している。
6.エヴァ初号機の大破と大改造(使徒の陽電子機関の取り込み)という設定はなくなり、19話で使徒を食らい、S2機関を自ら取り込むことになる。
7.月より飛来する12使徒の設定はなくなる(宇宙からくる使徒に片鱗をとどめる)。


[解説]
ゼーレ、S2、ATフィールド、セカンドインパクトなどのキーワードが現れます。また、人類補完計画もはっきりと複数のものに分かれます。一方、エッセネ、陽電子機関、先住民族など、後に削られるものもまだ残っています。



絵コンテ版
[設定の変更]
1. 第一始祖民族、第一先住民族などの話はなくなる。唯一、ジオフロントを造った「誰か」が語られるだけである。
2. トウジがスポーツ下手であるという設定もなくなる。なお、企画段階から存在したアスカの趣味がゲームという設定は、アスカがサターンで遊ぶシーンに片鱗をとどめる。
3. 陽電子機関の話はなくなり、S2機関のみが語られる。
4.加持は、屋内で撃たれる。
5.生態系の激変により、1年中夏であり、セミが鳴いている。


[解説]
脚本に比較し、神関係のセリフ及び先住民族が削られ、謎が非常に深くなります。古代遺跡関連については、ネルフ本部がピラミッド型なことと、ジオフロントの存在、オープニングの最後の文字あたりに片鱗を留めます。月関連については、宇宙からやってくる使徒がいることと、エンディングテーマが「Fly me to the moon」であることにのみ、片鱗を留めます。



テレビ版
[特徴]
1. 絵コンテ版では死海文書が2ページほど紹介されるが、テレビ版では1ページになった。
2. ゼーレがエッセネ派として扱われるシーンが完全になくなる。
3. ネルフ諜報部員がミサトに銃を返してから部屋を出ていくシーンの足音が、加持の撃たれるシーンにかぶさっている。


[解説]
これが事実上の完成版です。第一話で使徒が「単独兵器」と呼ばれている点や、何者かが残したジオフロントが存在することにのみ、最初の企画会議の内容の片鱗がみられます。
なお、脚本版の紹介であげた台詞は、テレビ版だと全てなくなっております。なくなった理由も様々なようです。


また、ついでに25話、26話について書きますと、テレビ版では内面世界にのみ(心の補完)焦点を絞った展開となりました。ただし、ミサトやリツコの最後のシーン(映画版25話と同様)があることから、もともとは映画版25話がテレビ版でも予定されていたことがわかります。スタッフの発言からすると、制作スケジュールの問題、26話部分が完成していなかったこと、内面世界を描くことにも積極的な意義が認められていたことなどから、あのように内面世界を描くことになったようです。



春映画予告編
[特徴]
1. 「誤った人類の生命の源、リリスの卵」という言葉により、誤った生命の源であるリリスの卵と、正しい生命の源である別な卵の存在があきらかになる。
2. ミサトの「そう、このためにエヴァが13体必要だったのね」という言葉より、13体のエヴァというものに特別な意味があることがわかる。
3.黒き月の存在が明らかになる。


[解説]
上の二つの台詞は、結局DEATH AND REBIRTHでは取り除かれていました。また、黒き月ですが、これは企画書では存在し、テレビ版ではエンディングでのみイメージされていた「月」の重要性が復活したものです。



<DEATH and REBIRTH>
[設定]
1. ジオフロントは二つあることがわかった。これは、予告編で二つの卵が予期されたことに対応しています。


2. 不完全な群体である人類を完全な単体とすることが人類補完計画のひとつの目的であるとされます。これは、企画書段階で存在した、人類補完計画=完全な人間を造ること、という設定および脚本からでていた、「人は一人では生きていけない」という流れからの帰結です。


3. 人間は、アダムと同じリリスと呼ばれる生命体から生まれた18番目の使徒であることがわかります。これにより、企画会議での、「使徒は第二始祖民族の兵器」という設定は完全に無くなります。

4. ロンギヌスの槍が死海から発掘されたものであることが明かになります。これは、死海文書同様に、企画書の死海蒸発事件の流れを継いでいると考えられます。

5. 死海文書ではなく、裏死海文書という設定が出てきます。これは、死海文書が、死海蒸発事件の流れを受け継ぎながらも、現実の死海文書とは違うということでしょう。実際、絵コンテにおける死海文書の2ページは現実の死海文書と違い、天使語により書かれているわけですから、これは設定の変更というよりは、名称上の混乱を避けたということでしょうか。

6. セカンドインパクトとはアダムを卵に還元することで被害を最小限に抑えようという意図があったことがわかります。

7. シーンのつながりが変わったため、加持が撃たれるシーンでは、そのシーン専用に足音が加わっている。

8. シンジが加持の事をアスカに言うシーンが追加。

9. レイが首をしめられるシーンで瞳にカヲルが映る。

10. ロンギヌスの槍を抜く時、リリスの腹がふくらむ。脚本では、槍をぬくとサードインパクトがおきるという話が存在したことから考え、もともと槍を抜いた段階で何らかの変化を起こす予定だったのかもしれません。



<THE END OF EVANGELION>
1. ゼーレの、原罪からの解放を目指した、人類補完計画の形態がようやくわかる。

2. 企画段階では到達できなかった生命の木に、とうとう到達する。これに伴い、補完計画が発動されるという、企画書とは正反対の結末になる。

3. レイがリリスに還るという形で、企画段階から存在したレイの秘密が表現されている。

4.ジオフロントが黒き月であることがわかる。これにより、企画書からの、月の重要性がある程度表現されるとともに、企画書における、研究所にある古代遺跡アルカの設定が、ジオフロントという形で残っていた事がわかる。

なお、余談ですが、企画書における25話タイトル「アルカ、約束の地」が、企画書では「約束の日」という台詞で継続していたこと、および、テレビ版に「楽園を追われ、地上に出た人類」についての台詞があることから、約束の地=ジオフロントであり、約束とは人類がふたたび地下の楽園に帰ることであったことがわかります。これが、映画版では少々変更され、リリスの卵があらわれ、人々がLCLとして吸収されていくという演出になりました。



ビデオ11巻
[追加されたシーン]
1. 冬月が大学をやめ、医者をやっている部分。

2. 冬月が人工進化研究所をおとずれるさいの、ユイとの出会い。このシーンは脚本版には存在し、テレビ版では削られていたシーンの復活です。

3. <春映画予告編>から推測されていた「WHITE MOON(白き月)」の存在が明らかに。また、ふたつのジオフロント(白き月と黒き月)は全く同じ構造であることもわかりました。

4. アスカの精神汚染シーンが非常に激しいものとなりました。また、携帯が加持につながらないシーンなどもあり、DEATH AND REBIRTHでのシンジとのやりとりに今後つながっていくと思われます。

5. 加持が冬月を救出するシーンでセリフが追加され、アダムの横流しと自己保身が語られます。これにより、加持をねらうのはゼーレであることが、よりはっきりしました。この追加は、加持が命をかけて冬月を救おうとする動機が弱かった点と、誰が加持を撃ったのかやや不明確だった点を改善するために付け加えられたと考えられます。

 

[変更されたシーン]
1. 首をしめられたレイの瞳にカヲルが映るシーンはなくなりました。

2. ネルフ諜報員がミサトに銃を返したあとで、諜報員の足音は自動ドアのしまる音によりはっきりと消えている。加持が撃たれるシーンでの足音は完全になくなりました。

 

[解説]
ビデオ11巻では、新規追加、修正、没になっていた部分の復活など、様々なレベルで修正が加えられました。特に、白き月関連と、アスカ・シンジの関係についてはビデオ12巻につながっていくと思われます。いちいち書きませんでしたが、映画で使われたシーンもいろいろ追加されていました。エヴァの最終版はビデオ版と考えてよさそうです。

 

 



REVIVAL OF EVANGELION
[特徴]
1.ゲンドウとアダムの融合と思われるシーンの追加。これで、アダムの使われ方はわかりました。

2.首を絞められたレイのシーンでのカヲルの演出がまた変わりました。気づいてほしいため(?)。


[解説]
DEATH編は、約10分削られるとともにいくつかのカットが追加されました。特に、ゲンドウのアダム発言が今一歩不明だったため、それに回答が与えられたことは重要です。



まとめ
企画段階では、人間を不死にし、原罪からも解放しようとする碇ゲンドウ教授と、それを支援する国連最高幹部からなる人類補完委員会、その計画を破壊しようとする始祖民族の遺した生物兵器である使徒たち、という構図でした。最終的に12使徒の壁を破れず、補完計画に固執するゲンドウのNERVを国連軍が破壊し、人類は生命の木の出現をみることなく補完計画をあきらめるというストーリーでした。

脚本段階では、これに加えて国連を操る宗教結社的なゼーレが加わり、原罪からの解放を目指します。また、死海蒸発事件がセカンドインパクトという人類史的事件へと変貌。ATフィールド=心の壁の登場、シトとの対話が自分自身との対話に変わった点、25話、26話で内面世界が描かれるなど、企画段階に比較し、大幅に精神性が高まりました。

テレビ版では、ゼーレをエッセネとする表現はなくなり、いっそう謎の組織となります。始祖民族、先住民族についても語られなくなり、使徒が兵器というよりは、独自の生命体という存在感を獲得します。

映画版では、この流れを継ぎ、ヒト=18番目のシトとすることにより、事実上、シト=兵器という企画段階の設定はなくなります。ヒトとシトの戦いは、種の生き残りをかけた生存競争といった感じも持ちます。

以上、エヴァが、SFアニメにありがちな設定から、あれだけのエヴァ本が出版されるほどになるまでの難解な設定になるまでを、おおまかにみてきました。
多くの変化がみられますが肝心な部分は企画書からは同じだと思います(結末は正反対になりましたが)。ビデオ12巻以降では、映画のシーンに加え、一度は捨てられたシーンや設定の復活の可能性もあり、そのあたりも興味深いものがあります。今回取り上げたのは、特に大きな部分であり、面白い設定・台詞はまだまだいっぱいあります。今後はそれらも追加してまとめようと思います。

 


目次に戻る
SOBRE EL PCHumano
Oculto:
人類補完計画史

 



ここでは、人類補完計画に焦点をあて、変遷を追ってみます。


1.そもそも企画段階において、人類補完計画とは何だったのか?


企画書13P
「人類を絶望から救うという『人類補完計画』とは?

人類はすでに、神に拮抗できうる力を手にいれようとしていた。これが、本編ストーリーの主軸となる、国際的一大プロジェクト『人類補完計画』である。

半世紀前、核融合に成功し「太陽」を自らの手中に収めた人類が、次は「完全な人間」を自らの手で造ろうという補完計画。

目的は、神が擁する禁断の「生命の樹の実」を科学的に造りだし、人間から「死」を取り除き、さらに人の抱える原罪・全ての呪縛からも、全人類を解放しようというのである。

この計画を提唱し推進するのは主人公の父、碇ゲンドウ。
彼は『人工進化研究所』にて、究極の進化をとげた人の姿をひたすら追い求めていた・・・。」


企画書22P碇ゲンドウの紹介
「~この計画の有り先には、全ての人々に真の平等をもたらす理想郷がある、と信じている。」


以上の資料により、企画段階における人類補完計画は大体わかります。

この文のポイントをみますと、前半は
科学により人類は神に拮抗する力を手にいれようとした→そのため生命の樹の実を造りだそうとした。
これは、知恵の実を手に入れた人間が、さらに生命の実を手にいれれば不死となり、神と対等になるという、旧約聖書の記述からきております。

それ以外のところに目を向けますと、基本的に「完全な人間」を造ろうとしており、そのため
1.生命の実により、人間を不死にする。
2.人の抱える原罪・全ての呪縛からの全人類の解放。
以上2点です。

これを、究極の進化という方法で実現すると、結果として、全ての人々に真の平等をもたらすというわけです。
さて、1の「不死」はわかりやすいのですが、2の「原罪」と「全ての呪縛」はニュアンスが違いますので、それぞれ分けて考えますと
1.生命の実により、人間を不死にする。
2.人の抱える原罪からの全人類の解放。
3.人の抱える全ての呪縛からの解放。
となります。

さて、このうちの1と2に出てくる「生命の実」「原罪」などはユダヤ教・キリスト教などの概念です。

生命の樹と知恵の樹は近くにあります。
有名な、エヴァ(イブ)がアダムとともに、神から禁じられた知恵の実を食べてしまい、楽園から追放される話があり、これが原罪です。これにより、人は死すべき存在になります。
「人の抱える原罪からの全人類の解放」とは、この罪からの解放を言っているのです。

17話ゲンドウ「かつて楽園を追い出され、死ととなり合わせの地上という世界に逃げるしかなかった人類」
という台詞はこのことをさしています。

もし、楽園から追われた原罪から人類を解放するならば、方法は二つしかありません。神に許してもらうか、神と対等になるか。どちらにしても、「死」から解放される結果をもたらすでしょう。

しかし、もし近くにあった生命の実もたべるとどうなるか?人は不死となり、神と対等になるといわれております。
これが「生命の実により、人間を不死にする」という言葉の意味です。ただし、これは神が許しません。そのために神の使いが人間を邪魔する役目を担っています。これが、エヴァの「使徒」です。


もし人が、生命の実を手に入れようとするならば、全ての使徒を倒す必要があります。

 


では、3の「人の抱える全ての呪縛」とはなんでしょうか。
死の問題でもなく、原罪の問題でもないとすると、補完計画の目標として語られているものはひとつしかありません。

26話ゲンドウ「欠けた心の補完、全ての魂を今ひとつに」

つまり、人間の心の問題です。
たとえ、不死になったからといっても、不幸はなくならず、ヒトは傷つけ合うでしょう。これがヒトのもつ問題点であり、ATフィールドの核心であり、ゲンドウが言う、「欠けた心の補完」です。

以上より、
1.生命の実により、人間を不死にする。
2.人の抱える原罪からの全人類の解放。
3.人の抱える全ての呪縛からの解放。



企画段階において碇ゲンドウの目指したこの3点の意義がわかると思います。
1は、人間を不死にすること。
2は、人が不死になって神と対等になるか、もしくは神の許しを得て楽園に帰るかすること。
3は、心の補完を果たすことです。

ゲンドウにとってみれば、この3つを同時にしようとしていたわけですから、結局、人は生命の実を食べて不死になり、神と対等な存在となるとともに、全ての魂を融合させ、真に平等な状態の「完全な人間」を創り出そうとしていたわけです。

 





 


2.脚本段階~映画まで


企画段階では、ゲンドウがひとりで3つの目標を追っていました。
1.不死になること
2.原罪からの解放
3.欠けた心の補完

しかし、脚本段階になり、謎の組織ゼーレが現れます。
ゼーレは脚本・絵コンテでは「エッセネ」とも呼ばれております。エッセネとは、ユダヤ教の一派であり、強い終末思想を持ち、クムラン洞窟で集団生活を営んでおりました。彼らの所持していたのが、死海文書です。


この、宗教的な雰囲気を強く持ったゼーレが現れたことにより、「原罪からの解放」という目標はゲンドウではなく、ゼーレの思想としての位置づけになります。

DEATH「ヒトは愚かさを忘れ、同じ過ちを繰り返す」


    「自ら贖罪を行わねば、ヒトは変わらぬ」

なお、ゼーレの発言の詳細および思想は「ゼーレ思想の真実」を参照ください。

一方、様々な関連から、テレビ版25、26話は「欠けた心の補完」がテーマになります。
これについては、ゲンドウが進めていた計画の一部として語られています。

26話ゲンドウ「自分がヒトから愛されるとは信じられない。私にそんな資格はない。」

    ゲンドウ「欠けた心の補完。不要な体を捨て、全ての魂を今ひとつに。」




また、テレビ版および映画版の台詞から、人は生き続けるべきであること、人類の生きた証が必要だということはユイの思想であることが判明します。


20話ユイ「あら、生きていこうと思えば、どこだって天国になるわよ。」

25話冬月「ヒトは生きていこうとするところにその存在がある。それが、みずからエヴァに残った彼女の願いだからな」

26話ユイ「たとえ、50億年たって、この地球も、月も、太陽さえなくしても残りますわ。たった一人でも生きていけたら。とても寂しいけど、生きていけるなら」

なお、ゲンドウおよびユイの発言の詳細および思想は「ゲンドウの思想の真実」を参照ください。

まとめると


1.不死になること →ユイが最も重視した。
2.原罪からの解放→ゼーレが最も重視した。
3.心の補完→ゲンドウが最も重視した。


つまり、企画段階にあっては碇ゲンドウによる完全な人間の作成である人類補完計画が、最終的にはユイ・ゲンドウ・ゼーレそれぞれにより強調されながら分担されて目指されていったのです。これが、人類補完計画が立場により様々であり、わかりにくかったことの原因です。

なお、実行までのプロセスも含めた人類補完計画の詳細については補完論文「人類補完計画」を参照してください(現在作成中)。
SOBRE LA HISTORIA DE LOS APOSTOLES
Oculto:
使徒の歴史



1.兵器としての使徒から、天使としての、そしてヒトの可能性としてのシトまで


<企画会議・・・単独兵器としてのシト>

人類以前に存在した二つの先史文明。最初の文明(第一始祖民族)はエヴァを造ったが、それが原因で滅ぶ。次の文明(第二始祖民族)はロンギヌスの槍を造り、エヴァの封じ込めに成功。後に何者かがエヴァを復活させたときの対抗策として世界各地に使徒を眠らせた。

つまり、企画の段階においては、使徒とは、エヴァの覚醒に備えて眠っている人造兵器なのです。


<企画書・・・天使としてのシト>
企画書において、使徒は「世界各地に残された第一始祖民族による遺物」と表現されています。
第2始祖民族から第一始祖民族に製作者が変わっており、また、エヴァは第一始祖民族により作られたのではなく、最初の使徒アダムをもとに人間が作成したことになるなど、大きな設定の変更が見られます。

そして、使徒の目的もエヴァを倒すためというよりは、人類補完計画をつぶすためです。この段階における人類補完計画は複雑なものではなく、ヒトが生命の実を手に入れ不死になることを目指すものです。ということは、使徒は、ヒトが生命の樹に近づくのを阻むという、旧約聖書創世記におけるケルビム(天使)の役割を持っているということです。


つまり、この段階で、生命の樹に近づこうとするヒトを攻撃するという、天使の役割を、使徒は持ちます。

しかしながら、使徒=古代人の残した兵器という設定は変わっておりません。


<脚本~テレビ・・兵器とヒトの間としてのシト>
脚本においては、


1話ゲンドウ「そうでなければ単独兵器として役に立たんよ」

5話リツコ「構成物質の違いがあっても信号の配置と座標は人間のそれと酷似してるわ。99.89%ね。」

17話ゲンドウ「使徒は知恵を身につけ始めています。」

脚本版21話ミサト「使徒は第一先住民族の残しただの戦闘兵器でないことはわかっているわ。」

24話カヲル「僕はこのまま死ぬこともできる。生と死は等価値なんだ。自らの死、それが唯一の絶対的自由なんだよ」

       「アダムに生まれしものはアダムにかえらねばならないのか。ヒトを滅ぼしてまで」

という台詞があります。

始祖民族が先住民族という名称に変わっておりますが、これは単なる名称上の問題です。人類の直接の先祖ではなく、地球に先住していた民族が使徒を造ったというニュアンスの変更だけです。

ここで重要なのは、「単なる戦闘兵器ではない」とされていることです。
ここにおいて、使徒は古代人の残した兵器から、それ以外の要素を身につけることになります。
一つは、遺伝子がヒトとほぼ同じになったこと。
もう一つは、アダム(使徒にとっての母)に帰ることが目的となったことです。この結果として、ヒトが滅びる可能性が語られています。

つまり、ここまで、使徒はまず兵器であったのですが、ここでは、兵器としての位置づけを保ちながらも、より人間に近い、遺伝子がほとんど同じで生存競争するかのようなイメージを持ち始めます。しかし一方で、カヲルの台詞は、兵器としての運命を語っているようにも思えます(生と死は等価値、死が唯一の絶対的自由など)。


<映画25話・・・ヒトとしてのシト>
ミサト「私たち人間もね、アダムと同じリリスと呼ばれる生命体の源から生まれた18番目の使徒なのよ。」

   「他のシト達は別の可能性だったの。ヒトの形を捨てた人類の。」

   「ただ、お互いを拒絶するしかなかった悲しい存在だったけどね。」


ここにおいて、シトは兵器というよりは、ヒトと同様の存在となります。


<まとめ>
当初、エヴァをしとめるための単独兵器でしかなかった使徒は、設定が深まるにつれ、徐々にヒトに近づき、最終的にはヒトが使徒への歩み寄りも見せたため、ヒトと区別のつかないものとなりました。
エヴァの物語のなかで、一方では兵器として語られ、一方ではヒトの可能性として語られるシーンがあるのはこのような設定の変移に基づきます。





2.使徒の動力源


<企画書・・単独兵器としてのシト>
陽電子機関を動力源としております。

<脚本>
脚本版第5話リツコ「間違いないわ。動力炉は予想通り陽電子機関ね。」

以上、使徒の動力源は陽電子機関でした。企画書では、エヴァ初号機に使徒から奪った陽電子機関を取り入れ大改造する話もあります。

しかしながら、脚本の中にはS2機関も登場しております。

<テレビ・・ヒトとしてのシト>
陽電子機関は完全になくなり、S2機関こそ使徒の動力の源となります。エヴァ初号機が手に入れるのもS2機関です。S2とはスーパーソレノイドであり、遺伝子関係の言葉です。スーパーソレノイド理論の詳細はわかりませんが、生物的な響きをもつことは間違いないでしょう。シトは、ヒトにさらに近い存在になったわけです。

<まとめ>
この、陽電子機関→S2機関とういう流れは、上述した、使徒=「兵器」から、使徒=「ヒトと同じ遺伝子をもつ、可能性の一つ」という設定の変更に対応したものだと思われます。





 


3.シトとヒト


旧約聖書創世記によれば、ヒトが生命の樹に到達できないように、神はケルビムという化け物(天使)を配置し、ヒトを邪魔します。これを倒さねばヒトは生命の樹には到達できません。

ゲンドウやゼーレが、全ての使徒を倒した後、生命の樹に到達した過程は、この旧約聖書の設定からきております。旧約聖書のバリエーションである死海文書をもとにゼーレが動いていることもこのことを確証します。

なお、旧約聖書には、このケルビムという天使がどのような由来を持つものかは何も書かれていません。
しかし、
ミサト 「他のシト達は別の可能性だったの。ヒトの形を捨てた人類の。」

映画バンプ「知恵ゆえにヒトは栄え、知恵ゆえに滅ぶのか。一方、この時、生命の実を手にしたヒトも在った。使徒だ。それは未来を賭けて争う別の可能性。」

ヒト=知恵の実を食べた存在。結果として、科学と、死を手に入れた。

使徒=生命の実を食べた存在。無限の生命力であるS2機関をもつ。


ということがわかります。

使徒の動力源が、陽電子機関から、S2機関へと変わったのも、この設定にそったものでしょう。




 


4.シトの最終的な設定


要約しますと、
企画会議=単独兵器としてのシト


企画書=残酷な天使としてのシト

脚本版=ヒトとしてのシト

以上のようにシトは3つの要素を備え、映画版においては、ヒトとシトの区別がつけられない所まできました。


つまり、生命の実を食べたヒトであるシトが、同時に生命の樹の守護をかね、知恵の実と生命の実を両方手にいれようとする人類を攻撃する、というのが使徒の最終的な設定の骨子であることがわかります。

それゆえ、使徒はある面でみると、自動的に目覚める単独兵器(生命の樹の番人である天使)であり、別な面でみると、ヒトと遺伝しを共有する仲間であったわけです。

 
Avatar de Usuario
Deyno
Moderador del ForoRE
 
Mensajes: 2633
Registrado: Mar Oct 12, 2010 11:45 pm
Ubicación: Santiago de Chile

Re: KIKAKUSHO - Proposal Version - El prototipo de NGE

Notapor RaptorDan » Dom Ago 28, 2011 7:15 pm

Genial!!! Gracias Deyno por lo entretenido del Desafío y el premio!!!
Imagen
Avatar de Usuario
RaptorDan
 
Mensajes: 85
Registrado: Mar Feb 08, 2011 3:32 am

Re: KIKAKUSHO - Proposal Version - El prototipo de NGE

Notapor reislash » Dom Ago 28, 2011 7:18 pm

esto es un premio....jajaja...valio la pena el desafio...
todos saben que el final es inevitable,pero muy pocos saben que es un nuevo comienzo
Avatar de Usuario
reislash
 
Mensajes: 122
Registrado: Vie Ago 26, 2011 5:54 pm
Ubicación: Rosario,Argentina

Re: KIKAKUSHO - Proposal Version - El prototipo de NGE

Notapor DasTier » Dom Ago 28, 2011 8:46 pm

Por fin el kikakusho traducido!!!

De verdad fue un premio grosso. No nos mentías deyno, jaja.

Excelente trabajo se mandaron muchachos.
Gracias a vos deyno ,atchung y sir_evangelist por el laburito que hicieron. Nos dejaron un gran material para todos los eva-fans.


---- Firma Pendiente ----

Avatar de Usuario
DasTier
 
Mensajes: 1096
Registrado: Dom Jul 10, 2011 5:42 pm
Ubicación: Somewhere Over The Rainbow.

Re: KIKAKUSHO - Proposal Version - El prototipo de NGE

Notapor Curquix » Dom Ago 28, 2011 11:14 pm

Solo me queda agradecer por tan semejante trabajo, la verdad muchas gracias a Sir_Evangelis, AchtungAffen y a Deyno por la traducción.
- "The Good, The bad and the ugly".
- ComuEVA
- @Curquix
Avatar de Usuario
Curquix
Administrador del ForoRE
 
Mensajes: 1319
Registrado: Mié Oct 27, 2010 9:49 pm

Re: KIKAKUSHO - Proposal Version - El prototipo de NGE

Notapor Pachelbel_D » Dom Ago 28, 2011 11:51 pm

Que bueno que lo tradujeron todo, es muy valioso el proposal. Gran Premio!

D + A + Bm + F#m + G + D + G + A x ∞ = Canon en D

Avatar de Usuario
Pachelbel_D
Coronado con Laureles
 
Mensajes: 18
Registrado: Dom Ago 21, 2011 8:43 pm

Re: KIKAKUSHO - Proposal Version - El prototipo de NGE

Notapor MasterWikie » Lun Ago 29, 2011 4:59 pm

Simplemente decir:

Gracias, totales...
MasterWikie
 
Mensajes: 1
Registrado: Sab Ago 27, 2011 7:57 pm

Re: KIKAKUSHO - Proposal Version - El prototipo de NGE

Notapor SaintAgust » Lun Ago 29, 2011 9:28 pm

10 puntos, no hay palabras
Avatar de Usuario
SaintAgust
 
Mensajes: 35
Registrado: Vie Feb 04, 2011 8:45 pm

Re: KIKAKUSHO - Proposal Version - El prototipo de NGE

Notapor Deyno » Dom Sep 04, 2011 2:53 am

bueno pero el kikakusho no es para tenerlo como adorno en la mesa de centro,,, no les llaman la atencion cosas?

como lo de la raza ancestral

o que rei sale morena y albina
http://evazone.org/AME/Kikakusho/Propos ... sode01.jpg
Avatar de Usuario
Deyno
Moderador del ForoRE
 
Mensajes: 2633
Registrado: Mar Oct 12, 2010 11:45 pm
Ubicación: Santiago de Chile

Re: KIKAKUSHO - Proposal Version - El prototipo de NGE

Notapor Nightquest » Mar May 01, 2012 5:44 pm

Me encantó leer el Proposal.
Me soprende cómo, por ejemplo, una trama básica para los personajes se transforma en un mundo tan interesante para conocer:

(Misato) "Sus pasatiempos son ir a tomar una copa o relajarse en su casa. muy terca con los hombres."


Al añadirle esos elementos de la psicología se transformó en algo totalmente vívido y que despierta cierta "compasión" en el televidente.
Supieron fusionarlos muy bien al fin y al cabo.

Aficionada a los árboles Bonsai y el rock punk.

Jajajajja changos! yo quería ver a Ritsuko agitando la viola o rompiendo todo rebelandose contra el sistema xD


Before the birth of the human race, there twice existed prehistoric civilizations with advanced technology. The first civilization (the First Ancestral Race) created the EVA, but because of this they were destroyed. The next civilization (the Second Ancestral Race) created the Spears of Longinus, thus successfully containing the EVA; afterwards, as a countermeasure to anyone reviving the EVA, they planted Angels all over the world.


Esto me hace pensar que el comercial de Locomotion está totalmente acertado, y hasta ahora, uno de los mejores videos promocionales que se hicieron. Volviendo al texto: parece que también mutó el objetivo de los ángeles - tema totalmente recurrente en los foros de Evangelion. Pero no se aplica a NGE, donde parecen querer recuperar el hogar que una vez fue de ellos hasta que llegó Lilith a joder.

Ahora ¿Cuál es el mensaje de estos mensajeros?: No joder con jugar a ser Dios. Y esto sí se puede aplicar a ambos casos: en NGE también tenemos una raza humana que jugó a ser Dios creando entidades diferentes a ellos.

Me llama la atención la imagen de fondo del Proyecto de Complementación:
Imagen
Imagen
SITRA ARHA
Nightquest
 
Mensajes: 432
Registrado: Vie Oct 29, 2010 7:36 am
Ubicación: Rosario, Argentina

Re: KIKAKUSHO - Proposal Version - El prototipo de NGE

Notapor Deyno » Vie Jun 15, 2012 3:33 am

Pagina 07: originalmente los angeles y adam fueron dejados durmiendo por la raza ancestral en la tierra
Pagina 08: la altura del eva es 40m
Pagina 09: eva 05
Pagina 10: el segundo impacto ocurre en el mar muerto
Pagina 11: la excusa oficial de marduk "los niños huerfanos de 14años tienen mejores aptitudes en el test de 'teoría de ondas mentales motoras'"
Pagina 21: Rei es "Nihilista"
Pagina 28: esto suena como a rebuild "Los doce ultimos Apostolos mas fuertes descienden de la Luna"
Avatar de Usuario
Deyno
Moderador del ForoRE
 
Mensajes: 2633
Registrado: Mar Oct 12, 2010 11:45 pm
Ubicación: Santiago de Chile

Re: KIKAKUSHO - Proposal Version - El prototipo de NGE

Notapor waulyx12x » Sab Jun 16, 2012 9:23 am

se agradece el aporte

Imagen

waulyx12x
 
Mensajes: 35
Registrado: Mar Feb 08, 2011 7:51 am

Re: KIKAKUSHO - Proposal Version - El prototipo de NGE

Notapor Firthunands » Dom Dic 22, 2013 9:53 pm

Gracias por este excelente trabajo!

Imagen Imagen

Avatar de Usuario
Firthunands
 
Mensajes: 52
Registrado: Dom Dic 08, 2013 3:41 am
Ubicación: En tu mente y en todos lados.

Re: KIKAKUSHO - Proposal Version - El prototipo de NGE

Notapor fumoshi » Lun Dic 23, 2013 12:21 am

Gendo Ikari iba a ser un Mado Scientist ?

El Episodio 3 "La primera llamada telefonica" no iba a ser tan depresivo, paso a ser "El telefono no suena"
El Episodio 17 iba a tener comedia romantica ??. Esto suena a:
Oculto:
No puedo creer que mi poder de pilotear Mechas arruine por completo mi comedia romantica escolar


Igual me sorprende que hayan planeado tantos episodios de antemano (pense que esas producciones las hacian mas improvisados)
Se nota que lo plantearon de entrada como onda un "shonen" de mechas con muchas ideas originales, y despues lo cambiaron a algo mas psicologico/filosofico y "oscuro"
-
Imagen
-
Imagen
Avatar de Usuario
fumoshi
 
Mensajes: 755
Registrado: Jue Ene 17, 2013 5:20 pm


Volver a Documentos


¿Quién está conectado?

Usuarios navegando por este Foro: No hay usuarios registrados visitando el Foro y 1 invitado

cron